1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 30代薬剤師の転職 職種別の給料相場と転職成功の秘訣とは?

30代薬剤師の転職 職種別の給料相場と転職成功の秘訣とは?

30代は、結婚や出産など、ライフスタイルの変化から、転職を希望する人が増えます。

女性のほうが産休育休の取得もあるので、男性よりも転職を考える人は多いですが、男性も結婚や子供が生まれるのを期に、年収アップを考えて転職を希望する人が増えます。
また、いままでの経験を生かし、更なるスキルアップを目指して転職を考える人もいます。

転職の求人条件をみても、他の世代と比べ、ある程度の経験があり、まだ若い世代で即戦力としての働きが期待できる30代薬剤師へのニーズは多いといえます。
(20代は経験不足、40代以上になると年収が高くて雇えないと言われたりして断られるケースもあります)

30代で転職を考えている、そこのアナタ!満足できる職場を見つけるために、まずは薬剤師の給与の相場を確認し現状を把握しましょう。

薬剤師の給与の平均は?

人事院が2014年8月7日に公表した「平成26年職種別民間給与実態調査」の結果によると、今年4月の薬剤師の平均給与(時間外手当を含む)は

36万6414円 (平均年齢36.1歳)

前年の34万8091円(同35.5歳)と比べて、1万8323円増加したことが分かりました。

また、今年の準新卒薬剤師の初任給(時間外手当や通勤手当などを除く)は21万8555円と、前年の22万1088円に比べ2533円の減少でした。

主な勤務先の年収の目安をみてみましょう。

病院薬剤師の年収

初任給月20万円~25万円
年収 約400~650万円

大学病院でも相場は同じくらいで、場合によっては高収入の病院があるようです。薬剤部長(薬局長)などの役職につくと、収入は上がります。公立の病院の方が、民間の病院に比べて生涯年収が高いとも言われています。

調剤薬局の薬剤師の年収

初任給で月22万円~30万円
年収 約400~650万円

管理薬剤師の場合は年収500万円~600万円が相場です。大手調剤薬局チェーンの給料は以外にもやや低めの場合があります。薬剤師が不足している地域や、中小の調剤薬局に比較的高めの企業がようです。

ドラッグストアの薬剤師の年収

初任給で月25万円~35万円
年収約400~700万円以上

薬剤師手当が5万円~10万円支給されたり、店長や管理薬剤師への昇格に伴う手当の支給も比較的早い段階で見込めるため、調剤薬局より給料が高い傾向があります。

製薬会社の薬剤師の年収

初任給で月22万円前後
年収は約400~800万円以上

研究職は、求人数が少なく未経験での転職は難しく、営業職で成果主義の度合いが強いですが、生涯年収は他の業界と比べても高く、住宅手当などの福利厚生もしっかりしている企業が多いです。特に、大手製薬会社のMRは、30代後半では1000万円以上というケースもあります。

転職を成功させる秘訣とは?

希望を明確にし、優先順位をつける

転職の場合、今までの経験や実績が給与に考慮されると言いますが、求人サイトの平均的な給与は、関東で月20万円〜25万円、年収400万円程度です。パートでも時給2000円前後が相場です。場合によっては、今より収入が減ってしまう可能性があります。

年収をあげたいのか?やりがいや職種を重視するのか?転職に求めることは、人それぞれです。また、プライベートの時間を確保したい、子育てと両立したい、教育制度が整った職場がいい、などの希望もあるでしょう。まずは自分の希望を明確にして、優先順位をつけることが大切です。

転職がうまくいかない人を見ていると、理想が高く注文が多い、という場合があります。
いろいろと経験してきたからこそ、条件が多くなるということもありますが、年収600万円は欲しいけれど、忙しいのはイヤ、管理薬剤師は責任が重いからやりたくない、などと無い物を延々と探し続けている人がいます。または、あまり深く考えずに決めてしまって、後から思っていた仕事内容や条件と違った、となってしまうケースもあります。

譲れる部分と譲れない部分を自分でわかっていることが大切です。

自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶ

正社員で働きたいのか、パートで働くのか?自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶ必要があります。女性の場合、旦那さんの扶養内で働きたいという人も多いでしょう。その場合は、条件などもしっかり調べておく必要があります。

また、派遣社員、アルバイト、紹介予定派遣などの働き方もあります。
派遣薬剤師の場合、パートより時給が高いケースが多いです。職場の雰囲気が合わなくても辞めやすいことや、希望時間に沿って働くことができ、短期間でいろいろな現場を経験できるメリットなどもあります。

参照:派遣など、正社員以外の勤務形態で働く薬剤師

昔に比べて選択肢は広がっています。メリットとデメリットをよく吟味し、自分の条件にあった働き方を選択しましょう。

転職サイトを活用しよう

30代は求人情報も多いため、転職サイトを上手に利用して、的確な情報収集を行うことをおすすめします。というか、活用しないのはむしろ損だと思います。

複数のサイトに登録して、担当者の対応や求人情報の内容を比べて見ましょう。サイトごとに得意分野や自分との相性などもあります。

また、利用する際にはサイトを閲覧するだけでなく、希望や質問などは担当者に直に会って確認した方がいいでしょう。サイトには載っていない、希望企業の職場環境などの情報も聞きだせるかもしれません。

あなたの希望を整理して、おすすめの案件を紹介してくれるでしょうし、面接や履歴書の書き方のアドバイスをしてくれるサイトもありますよ。

おわりに

転職にたびたび失敗して、コロコロと職を変えていては、あなたの信用度は下がってしまうかもしれません。30代の転職は経歴や人柄の他に、20代の時よりも継続勤務年数や転職理由が妥当なものかなども重視されています。

キャリアアップのために資格を取得していたり、向上心があるかなども評価のポイントです。未経験の職種への転職もチャンスがまだある年代ですので、しっかり準備をしてチャレンジしましょう!

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
ファルマスタッフ 詳細はコチラ
4位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ
5位 ヤクジョブ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
  • 会員特典が盛り沢山!薬剤師 転職サイト【ヤクジョブ】の評判とは?
RANKINGランキング