1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. その転職ちょっと待った!?40代薬剤師の転職で注意すべきこと

その転職ちょっと待った!?40代薬剤師の転職で注意すべきこと

40代の薬剤師の転職は、20代、30代に比べると難しさは増してきます。

長い実務経験やスキルがあり、ある程度のポジションについている人が多く、辞めてしまうことにより、前の職場には大きなダメージが生じます。

異なる職種にチャレンジしたいという場合でも、新しい知識や技術を一から身につけるには年齢が高すぎると判断される場合もあります。女性では、結婚、子育てなどで休職し、かなりブランクがある人もいるでしょう。

それでは40代の転職を成功させるためには、注意するべきポイントはどんなところにあるのでしょうか?

即戦力として働けるか

40代に求められているのは「豊富な経験」と「即戦力」で、それが強みでもあります。

病院や薬局などの医療現場では、少ない人数でいろいろな業務をこなさないといけません。40代であれば、新卒のように一から仕事を教える必要はありませんし、豊富な知識や経験を生かし、すぐに臨機応変に活躍できる人材であれば重宝されます。

また、新人や学生を指導する立場としての活躍も期待されています。さらに、管理薬剤師などの管理職として、職場をまとめる人材が求められている場合もあり、20代、30代の若手より、管理職の経験がある40代の方が有利な場合もあります。

異業種にチャレンジするよりも、自分の今までの経験を生かし、即戦力として働くことのできる職場を選ぶ方が、うまくいく確率が高いでしょう。

自分にあった働き方を選んでるか

40代になると、ライフスタイルの違いから、男性と女性では、雇用形態がかなり異なってきます。

男性の場合、結婚し子供がいても、長期間離職したり、育児を理由に転職や退職をする人は少ないと思います。むしろ家族を支えるために稼ぎたいので、正規雇用で働く人が多く、給与面などの待遇や、定年まで働けるかどうかなどのポイントに重点をおいて転職先を探す人が多いでしょう。

ブランクがあくことがなければ、これまでの経験や自分の強みをしっかりアピールできれば、転職活動をスムーズに進めることは可能でしょう。

女性の場合、結婚、出産などで働き方が多様化しています。
40代では結婚や出産を機に退職する人が多いです。製薬会社など、産休や育休の制度がしっかりしている職場では、前の職場に復帰する人もいますが、子供が小さいうちは育児に専念するため退職し、子どもが大きくなってから就職活動をする人もいます。このような女性の場合はパート、アルバイトなどで薬剤師として復帰する人が多いです。

正社員に限らず、契約社員や派遣社員としての働き方もあり、薬剤師の働き方は実に多様化しています。正社員の方が保証がしっかりしているというメリットもありますが、自分に合った無理のない働き方を選択できているか?がポイントになります。

さらに、長期ブランクに不安を覚える方は、復職支援制度などのバックアップ体制がしっかりしている職場を探した方が安心でしょう。

こんな人は要注意!?

年齢が上がるにつれ、転職がうまくいくかどうか?は個人の経験やスキルに加え、資質による部分が大きくなります。

ベテランと言っても、管理職を任せられる人材と、そうでない場合もあります。
また、若手より目が肥えている分、条件をつけすぎている場合もあります。「忙しいのはイヤだけど・・・」「管理職はイヤだけど・・・」などと言っていては難しいでしょう。

仕事ができなくて転職したい場合や、「人間関係や環境を変えたいから」「違う職種をやってみたい」などと安易な考えで転職を考えている場合も、良い求人を見つけるのは難しくなります。

おわりに

40代でも、経験豊富で即戦力として働くことができれば、給与面も併せて待遇がよい職場を見つけることは可能です。また、ブランクがあっても、支援制度を活用したり、自分に合った働き方を選ぶことで転職を成功させることはできます。

しかし、自分1人で探すのは正直難しいものです。転職サイトを利用して、アドバイザーに相談することをおすすめします。非公開の好条件の求人を抱えていたりもしますので、希望にあった仕事を探し、転職を成功させるなら、大いに協力してもらうべきだと思います。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ