1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師が未経験ジャンルへの転職で失敗しないためのポイント

薬剤師が未経験ジャンルへの転職で失敗しないためのポイント

p48575_1jpg

「薬剤師」と一口で言っても、調剤薬局や病院など職種(働く場所)によって業務内容は様々です。今までと違う職種に挑戦したくても、未経験だと失敗しないか不安ですよね。下調べをせずに、イメージだけで転職すると、「思っていたのと違う・・・」と後悔することもあります。

そうならないために、未経験職種への転職で気をつけることをまとめてみました。

調剤薬局 未経験で働く場合のポイント

p48575_2

一番重要なポイントは、教育制度が整っている薬局を選ぶことです。

調剤薬局勤務がはじめての場合、何から勉強したら良いのか?重要なポイントはどこなのか?未経験者が一人で勉強するのは大変ですし、効率が悪いです。その後のスキルアップも考えると、総合的な科目の調剤が経験できる薬局を選ぶとより良いでしょう。

ポイント1. おススメは大手薬局求人

一番のお勧めは、学生実習を受け入れているような教育に慣れている大手の薬局です。未経験者でも、やる気さえあれば歓迎してくれます。

ポイント2. 小さな薬局は避けた方がベター

街の小さな薬局で教育制度が整っているところは、残念ながら多くありません。その場合、基本的に一人で勉強することになります。また、ベテラン薬剤師がいつも在中しているとは限らず、一人で薬剤師として対応しなければならない場合もあります。もともと即戦力を求めている求人が多いため、未経験者の転職は難しいところです。

ドラッグストア 未経験で働く場合のポイント

ドラッグストアは、店舗数が多く求人もたくさん出ています。給料もいいので、転職を考える人も多いでしょう。ドラッグストアが未経験の場合、一番重要なポイントは、薬に関わる薬剤師としての仕事以外にも、やらなければならないことがあると認識しておくことです

ポイント1. 調剤だけでなく、接客や販売も薬剤師の仕事

調剤併設店舗であれば、調剤薬局と同じような仕事もします。しかし、調剤だけでなく、OTC薬から日用品、サプリメントに化粧品、食料品まで、今のドラッグストアが扱う商品は様々です。それらのあらゆる商品の知識を身につけること、そして接客と販売を行うのがドラッグストアでの仕事です。

品出しなど力仕事やレジ業務、まるでスーパーのような仕事もしなくてはいけないので、そのような雑務は嫌だと考える人には向きません。薬剤師しかできない仕事にこだわるなら、ちょっと違うなと感じる人もいるかもしれません。

企業の方針のよっても違います。薬剤師は、お客さんの相談対応や薬の説明、販売に時間をかけて良いと、薬剤師の特性を生かす業務を重視してくれるところもあります。夜遅くまで働くところ、そうではないところとあり、薬剤師の扱いに違いがあることも覚えておきましょう。

ポイント2. 店舗運営を学びたい人にはおススメ

比較的早い段階で、店長などの店舗管理に関わる仕事を任せてもらえる会社もあります。ゆくゆくは独立したいと考えている向上心の高い人には、よい経験の場になるでしょう。

病院 未経験で働く場合のポイント

p48575_3

病院薬剤師の仕事が未経験の場合は、まず、どのような病院で働きたいかを明確にすることです。

ポイント1. 狙うは中小規模の病院

いわゆる大病院、大学病院のようなところは、求人数が少ないうえに、新人採用がほとんどなので、未経験での転職は難しいと言えます。しかし、中小の病院であれば、転職できる可能性があります。

ポイント2. 自分の働き方に合った病院を選ぶ

病院によって忙しさや、やりがいは様々です。のんびり働きたいのか、バリバリ働きたいのか、自分の働き方に合った病院を選ぶ必要があります。

病院には急性期の患者を扱う病院、慢性期の患者さんが長期入院している病院、両方対応している病院があります。入院患者さんがいれば、当直や休日の仕事もあります。どれくらいの頻度で当直があるのか?自分の体力と見合うのか?ということをチェックしておきましょう。

慢性期の病院では、ほぼ決まった薬がずっと処方されているため、落ち着いて仕事ができるものの変化がなく刺激が少ないため、やりがいが感じられないという人もいるかもしれません。一方、注射剤の調製や、病棟薬剤師として患者さんへの指導を行ったりと医師や看護師との関わりが深いチーム医療の進んだ病院もあります。

このように、病院により仕事内容にかなりの差があります。どんな仕事ができるのかをしっかり情報を集めたうえで、決めましょう。

企業 未経験で働く場合のポイント

薬剤師が企業で働く魅力といえば、基本的に土日休みであること、福利厚生などの補助が手厚いことなどです。企業で働くというのも選択肢のひとつです。

それでは、未経験でも転職できる企業の求人はどのような仕事があるのでしょうか。

ポイント1. 人気な職種は、CRA(臨床開発モニター)

p48575_4

CRAは、治験をスムーズに行うために病院などに出向き、スケジュール管理や説明、確認作業を行う仕事です。

医療従事者や製薬会社のモニターとの関わりで、コミュニケーションスキルも身につきますし、様々な疾患や新薬の知識が得られることに魅力を感じる人が多いようです。出張が多いため、体力に自信がある人が良いでしょう。また、内勤が苦手な人に向いている仕事ともいえます。

ポイント2. 企業での管理薬剤師の求人もある

医薬品卸会社や企業で管理薬剤師の求人をしていることもあります。仕事内容は、管理業務、DI業務、薬事に関わることやMRの補助業務などです。地方の求人が多いこと、調剤薬局の管理薬剤師より年収は低く提示されている求人が多いので、よく吟味しましょう。

まとめ

未経験の職種への転職に挑戦することは、とても勇気のいることだと思います。情報が無いと、自分の描くイメージが実際の現場と合っているのかも判断できません。その場合は、経験者や専門家の意見を聞いた上で決断したほうがよいでしょう。

おすすめは、転職サイトを利用して専門家であるコンサルタントに相談することです。求人数が少なく、ひとりで探すのは難しい案件などでも、非公開情報の中からあなたに合った求人が見つかるかもしれません。
薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア)
薬剤師登録数 No.1!
詳細はコチラ
マイナビ薬剤師
キャリア面談が好評
詳細はコチラ
リクナビ薬剤師
企業やドラッグストア求人も多い
詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ
高時給の派遣求人が豊富
詳細はコチラ
5位 薬剤師WORKER 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリット
  • ファルマスタッフ
  • 薬剤師WORKER
TOPへ