1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 派遣薬剤師として働くメリット・デメリット – 高時給で高収入の理由とは?

派遣薬剤師として働くメリット・デメリット – 高時給で高収入の理由とは?

おすすめの転職サイトをすぐに見る

「派遣薬剤師」と聞くとどんなイメージを持ちますか?

派遣社員と聞くと、正社員よりも扱いが悪いし、将来が不安というイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。しかし、薬剤師の派遣は、一般の派遣社員と少し事情が違います。派遣薬剤師を必要としている企業は多く、ニーズのある業界なのです。

そのため、残業がないところで働きたい、週3日だけ働きたい、時間に融通の利くところで働きたい。そんな希望を叶えるために、派遣やパートという働き方を選んでいる薬剤師が増えています

今回は、派遣薬剤師として働きたいと思っている人に、収入面や働き方、現場の評価、実際に派遣薬剤師として働いている人のインタビューをはじめ、派遣薬剤師のメリットとデメリットや今後の需要、派遣会社の選び方などをご紹介します。

目次

派遣薬剤師とは?

派遣薬剤師とは、派遣会社と雇用契約を結んだ上で、派遣スタッフとして、派遣先企業である薬局などで仕事をする制度です。

派遣会社の社員になるので、福利厚生や保険などは、派遣会社が用意しています。万が一に備えて、薬剤師賠償責任保険に加入している会社もあります。

派遣薬剤師の市場

薬局業界の薬剤師不足が言われてしばらく経ちました。

一時期ほどではないものの、今でも様々な場所で薬剤師は不足しています。昨今では、薬剤師の確保ができずに閉店する薬局も出ています。

6年制の薬剤師が社会に出てからしばらく経ち、薬剤師の数が足りてきていることは事実です。しかし、いまだに派遣薬剤師を必要としている企業は絶えず、求人の数は減りません。もちろん、派遣薬剤師のニーズもあります

なぜ派遣薬剤師が必要とされるのか

医療機関である薬局では、薬剤師がいないからといって臨時休業することなどできるわけもなく、また、薬剤師1日一人当たりの処方箋処理枚数も決まっているため、少ない薬剤師で薬局を回し続けることはできません。

「正社員やパート薬剤師の募集を行っても全然応募がない」、とか、「入社予定はあるけれどそれまでの間などに、一時的に薬剤師が必要」などの悩みを解消してくれるのが派遣薬剤師というわけなのです。

派遣求人の例

派遣薬剤師の具体的な求人を見てみましょう。

例1: 土日休み、平日4日でOKの時間に融通の利く調剤薬局求人 (神奈川県横浜市保土ケ谷区)

この派遣求人のポイント

木曜勤務が必須ながら、週4日でOK!さらには時間も相談に乗ってもらえる、時間を優先させたい薬剤師さんに魅力的な案件です。土日休みが約束されているので、週末はお休みしたいという人にももってこいです。

こちらは、薬キャリで見つけた求人です。薬キャリは、さまざまな派遣会社の求人を取りまとめているので、全国まんべんなく希望の求人を探せます。

例2: 週2日×1日4時間など、勤務時間が柔軟なドラッグストア求人 (栃木県大田原市)

この派遣求人のポイント

ドラッグストアの求人は、営業時間が長い店舗も多く、中には24時間営業の店舗もあります。しかし、今回の求人では、勤務時間が長くても9~18時で木曜のシフトに入れば午前中のみです。

その他の詳細にあるように、余裕を持った人員配置をしている、もしくは、他店からのヘルプを柔軟に取れる店舗なのがうかがえます。

この求人はファルマスタッフに掲載されたものです。ファルマスタッフは派遣薬剤師の要望をとてもよく聞いてくれると、定評のある派遣会社です。求人内容も上記のように融通の利くものから時給を重視したものなどバラエティに富んでいます。

例3: 土日休みで時給4,000円超の嬉しい高時給 調剤薬局求人 (神奈川県三浦市岬陽町)

この派遣求人のポイント

時給4,000円以上という高時給と、土日祝休みで平日も18時までの勤務が最大の魅力。週4で働いても、月収50万円以上!週5で入れば月収60万円以上と、稼ぎたい人にとっては嬉しい求人です。

ただし、社員薬剤師と二人で1日80枚の総合科目を対応する可能性が高いので、応需の科目の配分や薬剤師体制などを詳しく確認しておくとよいでしょう。

この求人はヤクジョブに掲載されていたものです。ヤクジョブを掲載するクラシスは認定薬剤師取得支援などの研修受講ができたり、仕事をするとポイントがたまる「ポイント制福利厚生」など、ユニークな特典を用意しており、福利厚生面でとても人気があります。

例4: 時給3,500円可の調剤併設ドラッグストア求人 (神奈川県座間市)

この派遣求人のポイント

東京周辺のドラッグストアの時給の上限が3,000円になってきた昨今において、この案件は時給3,500円も可能と高時給です。薬剤師も常時3~4名体制と、一人への負担も少なそうな点は魅力です。

この案件は薬キャリに掲載されていたものです。薬キャリは、調剤薬局だけでなく、ドラッグストア、特に病院関係のネットワークにとても長けています

 

実際の求人例はいかがですか。時給を重視するのか、時間を重視するのかで、探す求人内容は変わってくると思います。求人を探す際は、ご自身のこだわるポイントを決めて、検索するのが良いでしょう。

派遣求人は時給3,000円など、高時給な案件が多数あります。薬剤師がパートで働く場合の時給は、1,800円~2,200円ほどが相場ですので、パートと比べると派遣の時給がいかに高いかがわかります。これだけ時給が良いと「時給は高いけれど、その分大変な仕事をさせられるのでは?」と勘ぐってしまいますよね。

実際の仕事内容は現場ごとに違うため、一概には言えませんが、特別な仕事や大変な仕事をするというよりは、薬剤師業界での需要と供給のバランスが合っていないために、「どうしても来てほしい」という企業側の需要が時給を押し上げている結果につながっていると考えられます。

実際、どのような人が派遣で働いているのか?

ひと言で「派遣薬剤師」と言っても、働き方や志望理由は人それぞれ。
実際、どのような薬剤師がどういった理由で派遣という働き方を選んでいるのでしょうか。

それぞれのケースごとに、4名の薬剤師にインタビューしてみました。

ケース1:家庭を優先したい薬剤師

薬剤師 高橋さん(仮称)27歳・女性の場合

「新卒で大手調剤薬局に就職し、正社員薬剤師として働いていましたが、結婚を機に退職しました。
結婚後から、派遣薬剤師として働き始めました。

薬剤師求人サイトの薬キャリで見つけた派遣会社にお世話になっています。

現在は週4日(土日は休み)で17時30分には終業する派遣先を条件に働いています。時給に強いこだわりはありませんが、これまで、最低でも時給2,200円はもらっています。

夫も薬剤師です。お互いに薬剤師として正社員同士で働いていましたが、その当時、残業があったり、シフト制のために休日が合わなかったりと、会える時間が少なく、さみしい思いをしました。

そこで、結婚してからは、夕ご飯は手作りしたい、夫と休日を合わせたいという思いがあり、派遣で働くことにしました

正直、17時30分で終業できる薬局は多くはないので、派遣先を変えるときは探すのに苦労することもあります。それでも、時間を優先することで、プライベートは安定しています。

ワガママかもしれませんが、夫のシフトが決まってから、自分が働く日を派遣会社に申請しています。そのおかげで、夫と休日を合わせられ、一緒に出掛けたりできています。

今後も、夫婦の時間を大切に過ごしていきたいので、派遣という働き方を続けたいと思っています。」

ケース2:ライフワークを大切にしたい薬剤師

薬剤師 後藤さん(仮称) 40代・男性の場合

「現在、週3日を派遣薬剤師として働いています
妻と子供が2人いるので、日々の生活費を派遣薬剤師として働くことで稼いでいます。
私自身は、ある程度遠方でも働けるので、時給の高いところを選んで派遣で働いています

埼玉県にある自宅から東北の薬局へ派遣に行ったときは、時給3,500円、交通費、住居、光熱費は、派遣先の会社負担でした。住居も快適なところを用意してもらえました。

木・金・土と働いて、それ以外は自宅に帰るスタイル。移動は大変でしたが、しっかり生活費も稼げたので良かったです。

それ以外の日は、自分のライフワークとしている『薬学生の就職支援活動』を行っています。未来のある学生が、『こんな薬剤師になりたい!』と目を輝かせている姿を見るのがとても楽しいのです。

そして、どんな進路を選ぼうか迷った時には、人生の先輩としてアドバイスし、サポートしていく活動を続けたいと思っています。」

ケース3:独立開業資金を貯めたい薬剤師

薬剤師 青山さん(仮称)33歳・男性の場合

「現在、中小規模の薬局で正社員として働いていますが、副業(Wワーク)として、派遣薬剤師で公休日に働いています。

35歳を目安に、独立して”自分の薬局を開業したい”と思っているので、開業資金を貯めるために派遣で働いています。本業の会社の社長も、独立を応援してくれています。

副業で疲れてしまったりして、本業に差し障りがないように注意しながら、月に4日~6日ほど、日曜日と公休日を中心に働いています

日曜出勤は避けたいという人も多いので、日曜営業している薬局やドラッグストアの求人も多く、派遣としての案件も定期的にあります。少し時給が高いことも多いので、順調に資金を貯めることができています。

収入だけでなく、本業とは違う現場に行くことで、本業以外の科目を勉強できたり、派遣先企業の経営の仕方を学べるのも私にとってはメリットです。」

ケース4:高時給に惹かれた薬剤師

薬剤師 櫻井さん(仮称)29歳・男性の場合

新卒で小規模の薬局に就職しましたが、サービス残業も多く、人間関係で悩んで辞めました。

薬剤師向け転職サイトの薬キャリで転職先を探していた時に「派遣薬剤師」という働き方を知り、派遣で働き始めてから2年半ほど経ちます

派遣で週5日働いています。時給も高く、正社員で働いている頃よりも収入がアップしました

以前はサービス残業もありましたが、派遣なら残業があったとしても残業代をきっちり払ってもらえるので、サービス残業とは納得感が違います。職場の人間関係も派遣ということもあり、程よい距離感で勤務にあたれています。

私にとって、派遣薬剤師という働き方は働きやすく、続けていきたいと思っていますが、気に入った職場でも長くて半年ほどで契約が打ち切りになったので、常に不安定な面があると感じています。

そして、今後転職を考えた時に、応募先企業に職歴をどのように判断されるのかが不安です。

 

今回は、実際に派遣薬剤師として働く4人の薬剤師さんの話を聞かせていただきました。
派遣として働く理由は実にさまざまですが、どれも経験者ならではのリアルな声として出ていましたね。
派遣のメリットでもある収入面では、それぞれ満足度は高めです。しかし、ケース4の櫻井さんのように、高時給に惹かれて、長い期間派遣で働いてしまい、次の転職活動に不安を抱えている人もいるようです。実は、このような不安を抱えている派遣薬剤師は多くいて、派遣薬剤師のデメリットとしてもよく取り上げられます。今後、派遣としての転職を考えている人は、派遣で働くメリット・デメリットを知った上で、派遣という働き方を活用するのが良いと思います。

 

では、このような体験談をふまえた上で、派遣薬剤師として働くメリット・デメリットにはどのようなものがあるのか、まとめていきます!

派遣薬剤師として働くメリット

派遣薬剤師の最大のメリットは“時給”ですが、その他にもさまざまなメリットがあります。

1) 時給が良い
2) 勤務日や時間の希望を叶えやすい
3) コンサルタントがいる心強さ
4) いろんな職場で多くの経験ができる
5) 組織に縛られることがなく、合わない職場は身を引きやすい

メリット1:時給が良い

派遣薬剤師の最大のメリットは、何と言っても時給が良いことではないでしょうか。

薬剤師は、パート勤務でも時給は2,000円前後と、条件がいいのが特徴ですが、派遣薬剤師の場合は3,000円〜4,000円代と更に好条件な求人があります。

時給が高い理由として、

  • 人数が足りない日や時間帯のシフトを、高い時給を払ってでも埋めたい
  • 即戦力の薬剤師が欲しい

という派遣先企業の事情がうかがえます。

つまり、ある程度の能力を持った薬剤師に来てもらえるという期待感が高いから派遣薬剤師を希望している企業が多いとも言えます。

 

正社員やパートと同じ時間、派遣薬剤師として働いた場合の年収を計算してみましょう。

給料相場の比較 (※1日8時間 20日/月勤務とした場合)
  • 正社員: 月給46万 / 年収550万
  • アルバイト(時給2500円の場合): 月給40万 / 年収480万
  • 派遣(時給3500円の場合): 月給56万 / 年収672万

派遣薬剤師の時給の高さがわかりますね。

特にパートとの差は大きく、時短や日数を制限して働きたい人は、条件が合えば派遣で働いたほうが効率的に稼げます。

メリット2:勤務日や時間の希望を叶えやすい

調剤薬局で働く薬剤師は女性が多く、結婚・出産・子育てなどのライフスタイルの変化により、派遣やパート薬剤師として働いている人もたくさんいます。

ママ薬剤師であれば、仕事と家事の両立のため、

  • 正社員は厳しいけど、時短なら働きたい
  • 週に何日かだけ働きたい
  • 土日はしっかりお休みしたい

主婦(主夫)薬剤師の仕事と家事の両立のため、

  • パートナーがシフト制の仕事で、仕事の休みを合わせたい
  • 家庭に支障がない程度に働きたい
  • 夕飯は自宅で作りたいので、時短で働きたい
  • 土日はしっかりお休みしたい

ダブルワーク(Wワーク)

  • 本業以外にプラスαの収入を得たい
  • 他科目の経験やスキルの向上のため
  • 独立の準備やライフワークを優先するために、週2~3日だけ日銭を稼ぎたい
  • 今は病院で働いているが、調剤薬局に転職したいと思っているので、まずは派遣で働いてみたい

などの要望を叶えるために、派遣薬剤師という働き方を選んでいるケースもあります。

ダブルワークは職場によっては兼業が許可されていないことがありますので、注意が必要です。詳しくは 薬剤師のダブルワーク 成功の秘訣とは? の記事をご覧ください。

このように、働く側も働く時間や休日の希望が叶いやすいのは、派遣薬剤師の特徴でもあります。

基本的に、派遣会社の勤務先の決め方は、派遣社員の働ける時間や希望を聞き、それに合わせて派遣会社のコンサルタントが見合う企業を選んでくれるので、時間的な融通がききやすいのが特徴です。

メリット3:コンサルタントがいる心強さ

派遣薬剤師には、派遣会社のコンサルタントがついていることも大きなメリットの一つです。

派遣先企業との交渉をはじめとして、職場環境の気になる点や確認点はコンサルタントが企業に質問してくれます。そのため、派遣薬剤師はコンサルタントに聞きたいことや確認したいこと、希望をざっくばらんに伝えておけば、コンサルタントから職場へ質問してくれます。

正社員やパートとして、直接企業へ求人応募をして採用された時などに「面接時に聞いていた話と違った」とか「求人に記載の条件と全く違う」というようなことはあり得ますよね。このように、直接企業担当者とのやり取りをすると、相手の印象を気にして聞きたいことをしっかり聞けないことがあります。

この点、派遣薬剤師だと、コンサルタント経由で質問してもらうことになるので、聞きたいことが全部聞けます

万が一、職場で困ったことがあっても、コンサルタントへ相談することで、改善されることもあります。コンサルタントがいるというのは、精神的にも心強いですね。

メリット4:いろんな職場で多くの経験ができる

派遣薬剤師として、いろんな職場で働くことができるのもメリットの一つです。

派遣先によって主となる科目や患者さまの層、扱っている薬の種類は違います。職場に合わせた対応やルールを覚えなくてはいけない反面、いろんな職場で働くことで、スキルや経験の幅を広げることができます

職場によっては、寮を完備していたり、住宅手当が出る職場もあります。そのメリットを生かして、独身の薬剤師さんが、「1年だけ沖縄で」、「3か月だけ北海道で」と、全国を旅するつもりで働き、その土地その土地を満喫してもいいですね。

メリット5:組織に縛られることがなく、合わない職場は身を引きやすい

調剤薬局の場合、大企業であっても実際の店舗で一緒に働く人の人数は限られています。そのため、人間関係はとても重要です。実際に、人間関係を理由に転職を考える薬剤師も少なくありません。

もし、職場で合わない人がいたり、仕事ができない人がいたりして雰囲気が悪いと、日々ストレスを抱えながら働かなくてはなりませんが、正社員の場合、そう簡単には辞めづらいものです。

派遣であれば、ある程度期間のメドがあるため、自分に合わないと思えば無理して契約を延長することはありません。面倒な会社の忘年会や歓迎会イベントにも派遣であれば参加することはありません。

このように組織に縛られることがありません。合わない職場は身を引きやすいのです。

派遣薬剤師として働くデメリット

反対に、派遣薬剤師のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

1) 年収ベースでは正社員と同等かそれ以下になることも
2) 派遣契約がいつ終わるかわからない不安がつきまとう
3) 勤務地や勤務日の希望が必ず通るわけではない
4) 現場スタッフの視線が厳しいことも覚悟しておこう
5) スキルアップが難しい
6) 薬剤師のキャリアとして軽視される

デメリット1:年収ベースでは正社員と同等かそれ以下になることも

いくら時給が良いといっても、派遣薬剤師にボーナスは出ません。

自分の希望しているエリアや時間で働ける派遣先がない場合もあり、通勤に時間がかかったり、希望している時間数働けないこともあります。

大型連休や体調不良で出勤が減れば、当然収入も減ります。派遣先で契約の終了希望があれば、次の派遣先が決まるまで期間が空くこともあります。そうなるとおのずと収入は減ってしまい、正社員で働いた方が年収が良いということもあります。

派遣会社のフォロー体制の充実度によっては、福利厚生に不満が生まれる可能性もありますし、そう考えると、正社員よりも派遣は不安要素を含んでいます。

もし、週5日のフルタイムで勤務をご希望なら、正社員も選択肢として視野に入れておくことをお勧めします。反対に、時短で都合のいいときにだけ働きたいというのであれば、派遣が向いています。
稼げるという点では、時間と場所が同じ条件ならパートよりは派遣で働いた方が収入を得られます。

デメリット2:派遣契約がいつ終わるかわからない不安がつきまとう

派遣薬剤師の時給は高いですが、企業が派遣会社に支払う料金も、そのぶん高額となり、企業の経営面から長期にわたって派遣薬剤師と契約することは避けたいと考えます。

そのため、企業側としては、できるだけ直接雇用の正社員やパートを確保して、派遣契約は早く切りたいという流れになってきます。

さらに、派遣労働者は「労働者派遣法」によって同じ職場で働ける期間が1年間と決められています。この期間は派遣先と調整すると3年までの延長も可能ですが、気に入った職場があったとしても、原則1年しか働けないと考えておいてください。

派遣薬剤師に関する法律について、詳しくは 知っておきたい!派遣薬剤師に関する法律 2012年、2015年 法改正のポイント をご覧ください。

実際の現場では、長くても3か月~6か月ほどで一度契約を終了しているケースが多く見受けられます。今の契約が切れたら、次の職場を決めるまでに時間がかかったり、場合によっては面談に足を運んだりする手間もかかります。

派遣薬剤師である以上、契約終了になる可能性や最長でも1年の勤務、次の職場がすぐに決まるかわからない不安はつきまといますので、精神的に余裕のある人でないと「ツライ」と感じてしまうかもしれません

デメリット3:勤務地や勤務日の希望が必ず通るわけではない

「週3日働く」、「土日働く」などの自分の希望した時間での働きを希望することはできるものの、派遣を求めている薬局と自分の条件と合致しない場合もあります。

その場合、通勤時間が長くなったり、希望していた時間帯より短い時間での就業ということもよくあります。

1か月フルタイムで働くことを希望していても、

  • A薬局の店舗Gで、月・木・金 10時~19時
  • B薬局の店舗Tで、火・土 9時~13時

など、1か所にまとまらず、時間帯も薬局側の希望に沿う…なんてこともあるようです。

もちろん、自宅近くで働くのはなかなか難しいので、多少の移動時間はかかるものとして考えておくのが良いでしょう。もし、子どものお迎え時間が決まっているというママ薬剤師なら、希望に合致する薬局は少ないかもしれません。

デメリット4:現場スタッフの視線が厳しいことも覚悟しておこう

派遣先企業は即戦力を求めているケースがほとんど。その上、派遣薬剤師の時給が高いため、現場スタッフの評価は厳しいのです。

派遣先により、雰囲気も細かい業務の流れも、パソコンや機械の種類も違うでしょうから、短期間で慣れるのは正直大変だと思います。調剤薬局では、一般名処方やジェネリック医薬品の拡がりで、昔より幅広い知識も必要です。

扱っているジェネリックのメーカーも薬局毎に違いますし、ノルバスクかアムロジンか、普通錠か、OD錠か、そのような細かいことでも注意深く確認しないとミスに繋がります。

現場に慣れるのにも一苦労ですが、現場のスタッフは「高い時給を払ってヘルプに来てもらっているのだから、ある程度できて当然。戦力にならないと意味がない。」と思っています。

ゆっくり教えてもらえる時間はほぼないと思ってよいと思います。あくまでも、お店を助けるために派遣を雇っているので、勤務中は、その薬局への貢献が必要です。

来たばかりで配置やお店のルールなどに戸惑うこともあるかと思いますが、1,2回の勤務で慣れないと、現場スタッフから不満が上がってしまうこともあるので注意しましょう。

そのため、ある程度、薬剤師経験を積んだ人の方が派遣薬剤師に向いているでしょう。知識・正確性・スピード・コミュニケーション能力はもちろん、几帳面さや整理整頓の仕方、字の綺麗さまで見られます。

知識が多くても、店舗やクリニックの意思に反する説明をしてしまうと嫌がられるケースもありますので、どんな店舗やスタッフの意見も取り入れられる柔軟性や短い時間で現場に合わせられる臨機応変な対応が求められます。

このように、派遣薬剤師に求められるスキルはとっても多く、現場の評価も厳しい点は心得ておきましょう。

デメリット5:スキルアップが難しい

責任のある仕事や新しい仕事は社員の薬剤師が行うことが多く、もちろん仕事の内容を選ぶこともできません。例えば、昨今増えてきた在宅訪問対応。患者さまのご自宅に一人で配薬するような仕事は派遣薬剤師一人に任せられることはありません。

2016年に導入された、かかりつけ薬剤師制度を見ても、派遣薬剤師の現場での仕事内容は限られてきていると考えられます。多店舗にかかわることで、さまざまな科目・薬・患者層を経験できるメリットはありますが、新しい仕事は任せてもらえないことが多いのが現状です。

デメリット6:薬剤師のキャリアとして軽視される

派遣薬剤師は、まだまだ需要もあり必要とされています。しかし、一般的に見ると社会的な信用度が低いのも事実です。賃貸契約の審査が通らなかったり、クレジットカードが作れなかったりすることもあります。

派遣を続けていると、いざ正社員で転職しようと思ったときに、

  • 渡り鳥のように職場を変え、一つのところで長く働けないのではないか
  • 患者さまとの関りが希薄で責任感がないのではないか
  • スタッフとのコミュニケーションが上手にとれないのではないか
  • なにか問題があるのではないか

と思われて、選考に不利になることもあります。

派遣薬剤師を続けるのであれば、目的があって、あえて派遣薬剤師を選んでいるという説明ができくらいがよいのではないでしょうか。

時給が良いことだけを理由に働くならば1~2年など期間を決めて働くのもいいかもしれません。

まだまだある、派遣薬剤師の働き方

通常の派遣薬剤師として働く以外に、紹介予定派遣という働き方もあります。

紹介予定派遣とは、正社員やパートとして働く前に、一定期間派遣スタッフとして薬局など希望する職場で働き、その後、派遣会社と派遣先企業双方の合意のもと、正社員やパートに切りかわるシステムです。

つまり、このシステムを利用することで、職場の一員として働き、働き方や職場の仲間を充分理解してから入社できるシステムです。

もちろん、通常の派遣薬剤師に比べたら求人の数はぐんと減ります。
しかし、もし、派遣された職場が気に入って、ここでずっと働きたいと思った時は、派遣会社に連絡してみてください。派遣先企業と相談して、紹介予定派遣に切り替えてくれるかもしれません。

紹介予定派遣に関する記事もあります。詳しくは 薬剤師の紹介予定派遣 メリット・デメリットと実際の求人例 をご覧ください。

派遣薬剤師の今後

結論から言うと、派遣薬剤師は、これまでより厳しい状況になっていくことが予想されます。

その理由の1つ目は、長年言われてきた薬剤師不足も、少しずつ解消されてきており、薬剤師の数だけで単純計算すれば飽和状態になっていること。

2つ目に、2016年度からスタートした かかりつけ薬剤師制度の導入です。

かかりつけ薬剤師制度とは…

  • 薬局での勤務経験が3年以上
  • 同一薬局に週32時間以上かつ半年以上在籍している
  • 薬剤師研修認定等を取得している
  • 医療に係る地域活動に参画している

この制度ができ、企業は派遣でシフトの穴を埋めるよりも、かかりつけ薬剤師になれる正社員やパートを雇う傾向が強くなりました。

そして、3つ目に、ピッキングマシン(全自動錠剤払出機)の登場テクニシャン制度の導入の可能性です。これらの導入が進むと、薬剤師でなければできなかった仕事の一部は、他の人でもできる・機械でできる時代になります。

テクニシャン制度とは…

  • 薬剤師ではないスタッフが薬剤師の周辺業務を行う
  • 具体的には、薬剤師の指示のもと、錠剤のピッキング・軽量・パッケージ詰め・在庫管理・電話対応など
  • 医療に係る地域活動に参画している

これらの要因から、今の大きな業界の流れは、各企業が正社員や長期で働けるパートを確保する流れになっています。そのため、派遣薬剤師の需要は減っていくと考えられます。

派遣薬剤師が生き残る方法とは?

派遣薬剤師は、縮小に向かうと話しましたが、派遣薬剤師の需要がまったくなくなってしまうか、といったらそうではありません。全国的にみたら、まだまだ人員不足に悩む企業は多くあります。

少なくなっていく市場に対して、選ばれる派遣薬剤師になることも重要です。

ですから、社会に求められる薬剤師になっていく必要があります。そのために、今のうちに必要なスキルや経験を意識して積んでおくことがポイントだと言えるでしょう。

派遣薬剤師の中には、未経験の科目があったり、スピードが遅かったり、確認が多すぎたり、自分のスタイルを曲げられず現場に合わせられない人もいます。そのような人から淘汰されていくでしょう。

これから長く派遣薬剤師として働き続けるには、

  • 薬剤師の足りていない地方に移動できるフレキシブルさ
  • どんな現場でも即戦力として働ける知識とスキル
  • 現場で、周りのスタッフが気持ちよく働けるような気づかいやコミュニケーション能力

は必要ではないでしょうか。

派遣先での印象が良ければ、一度契約が終了してしまっても「またお願いしたい」とか、「ほかの店舗で働いてほしい」と連絡が来るかもしれません。

派遣会社の選び方

派遣薬剤師の求人は、転職サイトによっては取り扱いがなかったりすることもありますので、登録前に調べておき、信頼できる派遣会社を見つけることも重要です。

さらに、自分と派遣会社のコンサルタントとの相性も重要です。コンサルタントがじっくり相談に乗ってくれる人なのか、働き始めてからのフォロー体制も整っているのか、福利厚生はしっかりしているかなど、自分に合っているかを確認しておいたほうが良いでしょう。
まずは、Webサイトから登録・電話で問い合わせする人が多いと思いますが、登録してからの連絡が迅速か、自分の希望に合った求人があるかどうかも重要です。

派遣会社には福利厚生サービスや研修制度が充実しているところもたくさんあります。登録の際に、チェックしておきましょう。

場合によっては、いくつかの派遣会社に登録しておくと、自分の希望に合った求人を見つけられたり、相性のいいコンサルタントに出会えるでしょう。

いつまでたっても連絡が無かったり、納得のいく求人が見つからない場合は、違う派遣会社に登録したり、視点を変えてパートやアルバイトで探したほうが、案外すんなり見つかることもあります。

派遣の仕事を探すのにおすすめの転職サイト3社は…

まず、一番のオススメは、「薬キャリです。
自社の派遣求人案件のほか、他の派遣会社の求人情報も多く掲載しており、とにかく求人数が豊富。当サイトに寄せられた口コミでは薬キャリは人気No.1でした。

多数の派遣会社の情報が集まっているので、派遣会社の求人を調べるために何社ものサービスに登録する手間が省けます。雇用形態問わず、転職経験のある薬剤師から定評があるので、”まずは自分の希望する条件でどのくらいの求人があるのか知りたい“という方は、薬キャリが便利でしょう。

次に、メディカルリソースが運営する「ファルマスタッフも人気の派遣求人サイトです。

親会社である日本調剤の求人も多いのですが、それ以外の大手や中小企業の求人情報も多数掲載されています。コンサルタント任せではなく、自分でも気になる案件を探すという方にオススメです。

最後は、クラシスが運営する「ヤクジョブ。親会社であるさくら薬局(クラフト)の求人も豊富ですが、ファルマスタッフと同様、それ以外の求人情報も多数掲載されています。

特徴的なのは、単発やスポット派遣求人です。具体的に「〇/〇 (水) 09:30~19:00 時給 3,000円」という形で記載がされているので、ピンポイントで“この日に働きたい”という薬剤師にとっては、求人情報がわかりやすく使いやすいサイトになっています。

 

3つの薬剤師向け派遣求人会社をご紹介しましたが、気になるところはありましたか。まずは2社以上に登録して求人情報を比較してみるのもよいと思います。ぜひ、ご自身に会った派遣求人を見つけてくださいね。

関連記事

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア)
薬剤師登録数 No.1!
詳細はコチラ
マイナビ薬剤師
キャリア面談が好評
詳細はコチラ
リクナビ薬剤師
企業やドラッグストア求人も多い
詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ
高時給の派遣求人が豊富
詳細はコチラ
5位 薬剤師WORKER 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリット
  • ファルマスタッフ
  • 薬剤師WORKER
RANKINGランキング