1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 独立は本当にプラス?気になる調剤薬局経営者の年収

独立は本当にプラス?気になる調剤薬局経営者の年収

「将来は独立し調剤薬局を経営するぞ!」と考えている薬剤師にとって気になるのは、経営者になるとどのくらいの年収があるのか?ということではないでしょうか。

せっかく開業しても、勤務薬剤師より年収が低いのであれば、独立した意味が薄れてしまう人もいるはず。今回は調剤薬局経営者の年収についてお話しますよ。

開業を考える薬剤師の動機は?

薬剤師だけではありませんが、やはり経営者という“一国の主”に憧れる人は多いですよね。

p48482_2

でも、その実態はどうなのでしょう。

経営者ともなれば、勤務薬剤師に比べてリスクは断然大きくなります

その辺をしっかり理解してからでないと、安易に「年収が増えるはず」という理由だけで選ぶのは危険です。

なぜ独立をするのか?」、この「動機」「理由」は、独立・開業するにあたりとても重要だと言われています。まずは、この理由・動機を考えてみましょう。

一般の方が独立を希望する理由・動機

一般的に独立を希望するのには以下のような理由・動機が多いようです。

  • 今の仕事以外にやりたいことがあったから
  • 独立すれば収入が増えると思ったから
  • 誰にも縛られずに思い通りにやりたいから
  • 自分が正当な評価をされていないと感じるから
  • 組織に拘束されているのが嫌になったから
  • 会社の人間関係に疲れたから
  • 独立すれば何歳になっても働けるから

薬剤師が独立を希望する理由・動機

薬剤師となると一般職とは違うものの、独立の理由・動機はそれほど大きく変わらず、大別すると2つになります。

  1. 自分のやりたいようにやってみたい
  2. 収入を増やしたい

1と2、どちらの理由・動機にしろ、大切なのはポジティブな思いであること

p48482_3

やりたいことをやらせてもらうための努力が足りず、ただ単純に思い通りにいかないからとか人間関係がイヤだからというのでは独立しても失敗する可能性は高くなります。

 

開業のメリット・デメリット

次に開業のメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

メリット

  • 経営が安定すれば収入が増える
  • 自分の思い描いていたような薬局経営をすることができる
  • 定年がないので何歳になっても働ける
  • 売上を100%回収できる(3割は当日現金で、7割は2カ月後に振り込まれる)
  • 門前薬局の場合、先に出した方が顧客を確保できるので個人でも大手に勝てる

デメリット

  • 事務や手続きなど薬局業務以外の仕事の割合が増える
  • 仕事と私生活の線引きがつけにくい
  • すべての責任を自分で取らなければならない
  • 今後は国の医療費削減で経営が厳しくなる不安がある
  • 個人薬局の場合、薬剤師の確保が難しい

開業のメリットは十分にわかっているのですが、やはりデメリットも決して無視することはできませんね。

 

実際に薬局を開業したら、どれくらい稼げるのか

それでは、ここからは実際に薬局を開業した方たちがどのくらいの年収を稼いでいるかについて、見ていきましょう。

p48482_4

薬局経営者の年収目安

門前薬局か?近隣にライバル薬局があるのか?など様々な条件によっても異なりますが、1500万円~1800万円がひとつの目安になります。

もちろん、開業していきなりこの金額を手にするのが難しいのはおわかりですよね。

問題は、この金額をどう見るか

「えっ!そんなに稼げるの?」と思う人もいるかもしれませんが、逆に「1000万円程度であれば、勤務薬剤師でも稼げる金額だ」と思う人もいます。(簡単ではありませんが)

ですので、「自分の理想の薬局をやりたい!」という情熱を持った人でない限り、1000万円以下の年収で、大きなリスクを背負ってまで開業する意味はないとも言えるかもしれませんね。

 

薬局経営を始める上で注意すること

勤務薬剤師より年収が良いということは、その分、リスクはつきもの。

p48482_5

最大のリスクは売上が上がらないということでしょう。

もちろん、誰でもオープン初月から黒字になるとは思っていないはず。では、薬局経営を始める上で、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

 

1. 実質的な収入増を視野に入れておく

個人事業主にするか法人化するかによって、経費扱いされる範囲と税金の関係で大きな差が出てきます。

車の維持費や家賃など、実質的に年間数百万円単位でプラスαにすることも可能。手取りは勤務薬剤師と同じであっても、実質的には1000万円を超える可能性は大きくなります。

2. 在宅医療の流れに乗る

調剤薬局は現在約55,000店舗あると言われていますが、2014年の改定で門前薬局の調剤報酬が引き下げられたこともあり、調剤薬局から「在宅」へと移行する傾向にあります。

こうした流れに上手に乗るのも年収をアップするコツになるでしょう。

3. 開業場所はよく考える

開業した場所の条件が良ければ、半年で単月黒字にすることも可能だと言われています。

個人薬局の場合、一人薬剤師で処方箋を1日30~40枚こなせば、家賃や人件費などの固定費が賄えるとされています。

4. 1店舗だけでなく複数の店舗を経営していく

とは言え、個人薬局ではよほど地元のクリニックと太いパイプでもない限り、お客様(患者)を一気に増やすというのも難しいですよね。

となれば、コツコツと地道に増やしていくしかないのですが、それでも近くに同じ診療科目を扱う薬局がオープンしたり、逆に近くのクリニックが閉院したりしてしまうことも考えられます。

こうしたリスクに対応できるよう、1店舗だけでなく複数の店舗を経営していくことでリスクが分散できます。(そのためには、1店舗目で堅実に黒字を積み重ねていく必要はありますが…)

 

おわりに

年収だけで考えれば、薬局経営はやり方次第で、数千万円以上稼げる可能性はあります

p48482_6

ポイントは、いかに早く軌道に乗せ安定させていけるかどうかなのだと思います。

いずれにせよ、独立開業するのであれば強い意志と覚悟。そして、開業資金だけでなく少しでも多くの運転資金を用意しておくことが大切です。

 

最近の傾向として、独立開業者よりも勤務薬剤師のほうが増えていますので一概には言えませんが、個人で開業するのは開業後のことも考えるとそれだけハードルが高くなってきたということです。

単に年収アップが目的であれば、薬局経営よりも製薬会社のMRや大手ドラッグストアで働いたほうが良いでしょう

独立を考えているのであれば、まずは情報をしっかりと集めるところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
ファルマスタッフ 詳細はコチラ
4位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ
5位 ヤクジョブ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
  • 会員特典が盛り沢山!薬剤師 転職サイト【ヤクジョブ】の評判とは?
RANKINGランキング