1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師の学歴による年収の違い

薬剤師の学歴による年収の違い

薬剤師は基本的に、薬科大学や大学の薬学部で勉強を重ねて、国家試験を受けて資格を取得する職業です。

学歴はある程度決まっていますし、他の業種・業界等と比較すると学歴による年収の違いというものは発生しにくいといえます。それでも、まったく何の格差もないということではありません。

たとえば、どんな大学の薬学部を卒業しているかで違いが発生することもあります。

薬剤師の就職活動は、ある程度選択肢が決まっているのですが、その中でもかなり入りにくい職場はあります。例を挙げるとすると、たとえば厚生労働省はその最たる例でしょう。

国家公務員へ就職

ここは国家公務員の中でも、飛び抜けて就職が難しいところであって、どんなポストを狙うにしても非常に入りにくいところであることは言うまでもありません。

当然、収入や待遇も期待が持てますが、薬学部から就職しようと思ったら、どこの大学の薬学部でも同じ条件で受けられるとは言えないようです。

「一部の大学の薬学部からの合格者が多い」という傾向が見られるからです。

これと同じことは、他の就職先(つまり、大病院や超一流企業等のことですね)でも見受けられますから、薬剤師になるにあたって、収入や地位に関して、特に実入りのよいポストを狙いたいと思ったら、まずどこの大学の薬学部に入るかを厳選したほうがよいでしょう。

大学としての知名度や偏差値が民間企業に就職するにあたって影響を及ぼすことはあります

ただ薬剤師になることだけが目標ではなく、年収、その他の条件にとても恵まれた役職に就きたいのであれば、各大学薬学部の卒業生の就職状況をチェックしてから進学先を絞り込むほうがよいというわけですね。

 

薬剤師や薬学部に限ったことではありませんが、大学としての知名度や偏差値が民間企業に就職するにあたって影響を及ぼすことはあります(しかも、薬学部の場合は国家試験を受験する以上、他学部生に比べて就職活動に時間を割きにくいという現実があることも忘れてはいけませんね)。

調剤薬局等で働く薬剤師を目指すのであれば、あまりどこの大学を出ているかは問題にされないようですが、一流の製薬企業や医療関係のメーカーに入ってたっぷりと年収をもらえる立場になりたいのであれば、各大学の薬学部の就職状況をチェックして、それから受験先を選ぶほうがよいでしょう。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ