薬剤師の平均年収ってどれくらい?

就職や転職の際に求人情報をチェックするとき、給与の高い低いは誰でも気になるところだと思います。当サイトの調査の中でもスキルアップを考えて転職する薬剤師が多いものの、転職理由に「給与に満足いっていない」と回答している人もいます。

今回は、薬剤師の年収について、職種や世代、企業規模、地域別に、それぞれどのくらい差があるのか調べてみました。

男女別にみた薬剤師の平均年収

厚生労働省の「令和元年 賃金構造基本統計調査」によると、薬剤師の平均年収は全体で約562万円。男性薬剤師が約601万円、女性薬剤師が約536万円という結果でした。

平均月収で見ると、薬剤師全体では約39.9万円。男性では約42.7万円、女性は約38.0万円。また平均時給で計算すると、薬剤師全体では約2,299円。男性 約2,411円、女性は約2,228円という結果でした。

※年収→きまって支給する現金給与額×12ケ月分+年間賞与 その他特別給与額、月収→きまって支給する現金給与額、時給→所定内給与額÷所定内実労働時間数 でそれぞれ算出

年齢別にみた薬剤師の平均年収

薬剤師の年齢別の平均年収にはどのような違いがあるのでしょうか。こちらも厚生労働省の「令和元年 賃金構造基本統計調査」のデータをもとにまとめました。

年齢区分 年収
20代 ¥4,651,723
30代 ¥5,596,283
40代 ¥6,236,584
50代 ¥6,711,078
60代 ¥5,678,105
70代以上 ¥5,035,289

薬剤師の平均年収がピークを迎えるのは50代という結果でした。

※年収=きまって支給する現金給与額×12ケ月分+年間賞与 その他特別給与額

職種別にみた薬剤師の平均年収

薬剤師の職種別の平均年収については「第22回医療経済実態調査の報告(令和元年実施)」から、平成30年度の保険薬局と病院の薬剤師平均年収をそれぞれまとめました。

保険薬局における薬剤師の平均年収

年齢区分 薬剤師 管理薬剤師
全体 ¥4,738,925 ¥7,518,472
個人 ¥4,552,685
法人 ¥4,742,242 ¥7,543,641
1店舗 ¥4,449,514 ¥8,250,804
2~5店舗 ¥4,721,781 ¥8,053,307
6~19店舗 ¥4,580,168 ¥7,338,326
20店舗以上 ¥4,891,469 ¥6,802,625

保険薬局の平均年収は、法人の場合、管理薬剤師の場合は1店舗で最も高く一般薬剤師の場合は20店舗以上で最も高くなっているという結果でした。

一般病院における薬剤師の平均年収

区分 年収(平均給料年(度)額+賞与)
全体 ¥5,587,295
国立 ¥5,652,620
公立 ¥5,959,059
公的 ¥5,924,662
社会保険関係法人 ¥6,244,812
医療法人 ¥5,246,187
その他 ¥5,354,055
法人その他全体 ¥5,586,301
個人 ¥5,878,195

一般病院の薬剤師 平均年収としては、社会保険関係法人が最も高く、ついで公立、公的病院も高めという結果でした。

企業の平均年収

ドラッグストアの場合は店長クラスであれば年収700万円を超えていたり、製薬会社の場合はMRなど成果主義の営業職でインセンティブ等も含め年収800万円以上の求人情報を目にすることがあります。

企業規模別の平均年収

ここでは国税庁の「令和元年分 民間給与実態統計調査」のデータより、会社規模による平均年収の違いを見ていきます。

一概に年収と言っても、手取りなのか総支給額なのかによっても異なりますが、事業所規模が小さいほど平均年齢は高く平均年収は低く、事業所規模が大きいほど平均年齢は低く平均年収は高くなっているという結果でした。

区分 平均年収(給料・手当+賞与) 平均年齢 平均勤続年数
1~4人 308.7万円 55.3歳 17.5年
5~9人 367.8万円 51.5歳 14.5年
10人以上 404.1万円 48.7歳 11.9年
30人以上 412.8万円 46.9歳 10.8年
100人以上 437.2万円 45.3歳 11.3年
500人以上 478.9万円 44.7歳 11.9年
1000人以上 508.6万円 43.9歳 12.5年
5000人以上 516.0万円 43.1歳 12.5年
※薬剤師以外の職種を含みます

薬剤師の場合は「大学院卒」や「5年以上の勤続経験がある」、「管理薬剤師や病院薬局長など役職経験がある」といった人は、年収が高くなる傾向があります。

年収以外の、福利厚生などの環境面でも大企業が有利になると言われています。

地域別にみた薬剤師の平均年収

首都圏よりは地方の方が、人材が集まりにくいという理由からお給料も高めになっています。「令和元年 賃金構造基本統計調査」の都道府県別の結果は以下の通りでした。

≪ 薬剤師 5895人(平均年齢39.4歳)の平均年収 ≫

  • 1位 静岡県・・・698.68万円
  • 2位 長野県・・・689.51万円
  • 3位 高知県・・・642.65万円

4~10位には、島根県、愛知県、青森県、秋田県、宮城県、三重県、山形県と続いています。

ちなみに、東京都は553.58万円、埼玉県は521.18万円、神奈川県は583.36万円となり、1位の静岡県と東京都を比較すると比べると約145万円もの違いが出ています。

こうして平均年収を比較してみると、首都圏よりも地方が有利なのでは…と感じますね。

薬剤師が就業する、さまざまな職種の年収相場を探るとともに、今後年収アップするために必要なことは何かなど、薬剤師の年収(給料)について、詳しくは「薬剤師の職種による年収の違い -なぜ同じ職種でも差がつくのか」をご覧ください。

年収アップさせたい人は、交渉をプロに任せることも検討しては

転職で年収を上げるには、他の薬剤師の年収を知っておく必要があります。もし薬剤師のあなたの年収が職種別・年齢別・地域別の平均値よりも低いのであれば、薬剤師向けの転職サイトを利用して、コンサルタントに相談することも検討してみてはいかがでしょうか。

年収アップを目指す 薬剤師におすすめの転職サイトを比較

以下のサービスはいずれも登録・転職サポートともに無料です。

画像 マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ 薬キャリ
サービス名 マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ 薬キャリ
特徴 【5年連続 利用者満足度 No.1】
転職に不慣れな薬剤師を
サポート。面談力に定評あり
年収600万円以上の求人も多数
【薬剤師求人 業界最大級 】
日本調剤グループの教育ノウ
ハウを生かしたスキル・キャリア
アップ支援サービス
【薬剤師登録数No.1 】
希望条件にピッタリの薬剤師求人を
簡単かつスピーディーに見つけら
れる
主な
取り扱い
求人
中規模~大手調剤薬局
ドラッグストアチェーンなど
好条件・高時給の派遣求人など
時給3,000円、推定年収840万円
も可能
中小~大手 調剤薬局、
病院、企業など
主な
雇用形態
正社員、契約社員、パート
(週3日以下)、パート(週4~5日
程度)など ※注:派遣求人は無し
正社員、契約社員、パート、
パート(扶養内)、
派遣、紹介予定派遣など
正社員、パート、パート(扶養内)、
派遣、紹介予定派遣など
公式サイト
リンク
マイナビ薬剤師の
公式サイトを見る
ファルマスタッフの
公式サイトを見る
薬キャリの
公式サイトを見る
  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    好条件の薬剤師求人が豊富
    公開求人情報は59,000件以上で業界最大級。なかには時給3000円以上の求人も。ブランクがある薬剤師でも、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスが充実しているので気軽に転職活動を始められる。
  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    薬剤師登録数 No.1!
    年収は高め、かつ職場環境や勤務条件も妥協したくないというかたにオススメ。 日本最大級の医師サイトm3.comでお馴染みのエムスリーグループの薬剤師向けサービスでより多くの求人案件を吟味し、自分に合った求人を比較検討できる。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会