1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. ブランクのある薬剤師におすすめの勉強法とは?

ブランクのある薬剤師におすすめの勉強法とは?

女性が多く活躍する薬剤師という職業では、結婚・出産などによる仕事のブランクがあっても、ママさん薬剤師としてパートや派遣で調剤薬局やドラッグストアに復帰して活躍し、家事と仕事を両立して頑張っている人がたくさんいます。

job-change28384

しかし、「復職したいけれど、自分の知識やスキルに不安がある」と、復帰に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな不安を抱える人のために、おすすめの勉強法や参考サイト、研修サポートサービスなどを紹介します。

調剤薬局に復帰したママさん薬剤師。その勉強法とは?

10年のブランクは、まさに「浦島太郎状態」!?

出産・子育てで病院勤務を辞めてから10年。

このママさん薬剤師曰く、10年というブランクは、まさに「浦島太郎状態」だったそうです。
彼女の取り組んだ勉強法のポイントは大きく4つ。

  1. 保険制度や法改正について
  2. 情報誌やインターネットの活用
  3. ナース向けの薬の本の活用
  4. 職場や求人サイトの研修制度の利用

子育ての合間をぬっての勉強は、「いかに効率良く勉強するかがカギ」だそうです。

 

ポイント1.保険制度や法改正について

薬局では薬価や保険点数について質問を受けることも多くあります。

少人数の職場では薬剤師がレセプトや処方せんの入力を兼務する場合もあります。一般名処方やジェネリック医薬品推進にともなう制度や決まりも複雑化しています。

OTC医薬品においても、平成26年6月12日より制度改正があり、第一類医薬品だったものの一部が、要指導医薬品という新しい区分に分類されました。これにより、劇薬指定の薬とともにネット販売禁止となりました。薬剤師による対面販売を行い、文書を用いた説明と販売記録の作成も必要となりました。

このような時代の流れを理解していないと、“患者さんに聞かれた時に答えられなくて不信感を与えてしまった”、ということにもなりかねません。

そのため、制度や法改正にもアンテナを張って最新の知識を入れておかなくてはならないのです。調剤報酬・薬価改定は2年に1度ありますので、現役の薬剤師でもトレンドに追いつくのは大変です。

ブランクのある薬剤師がこれらすべてを把握しておくのは難しいことかもしれませんが、ポイントは押さえておくようにしましょう。

「患者目線」で必要と思われる部分から勉強

家事や子育ての合間をぬっていてはまとまった勉強時間は確保できません。では、ママさん薬剤師は短時間で効率よく勉強するためにどんな方法を取ったのでしょうか?

項目毎に区切って勉強する。自分や家族が受診したら気になることは何か?を考え重要視する項目を順位付けして、必要と思われる部分から勉強する

というやり方で乗り切ったそうです。

 

ポイント2.情報誌やインターネットの活用

実際にママさんが取寄せた情報誌は「保険調剤の手引き」と「日経DI」。良く見たWebサイトは「薬事日報」だそうです。

保険調剤の手引き

各都道府県の薬剤師会が発行する、基本的な調剤のルールブックです。このルールに基づいて保険請求が行われます。会計や問い合わせ業務など全てに関わってきますので、最低限、一通り把握しておく必要があります。

例:東京都薬剤師会ご入会者(正会員・賛助会員)への特典 3.薬局・店舗販売業への支援

日経DI

日経DIは定期購読している職場が多く、最新トピックスの入手におすすめです。
勤務中は忙しくて目を通す余裕がない人も個人で取り寄せも可能ですし、インターネットサイトに登録するとさらに情報量も多いです。

参照:DIオンライン|薬剤師のための情報サイト

薬事日報

薬業界の新聞。業界の動向、政府の方針などの最新ニュースが確認できます。医薬関連の研修会やセミナーなどの開催情報も広く掲載しています。

参照:薬事日報ウェブサイト

 

ポイント3.ナース向けの薬の本の活用

復帰に向けて、次々開発される新薬の情報収集も必要です。
調剤業務に関わる薬剤師の愛用書「今日の治療薬」。透析患者への投与の目安データなどが独自で載っていて日々の業務ではかなり活躍します。

しかし、一冊丸々読み込むのは時間もかかり、薬の作用機序を理解するにも、ブランクでカチコチになった脳に吸収するには労力が必要です。そんな時に活躍するのが看護師向けに作成された薬の本です。

ママさん薬剤師が選んだ2冊

専門用語を使った固い表現の説明は混乱してしまいますが、薬剤師でなくとも理解しやすいような表現や図が使われているので読みやすく、実際に患者さんの説明にも使える表現も学べるので一石二鳥だったようです。

 

ポイント4.職場や求人サイトの研修制度の利用

ママさん薬剤師の場合は、教育制度やマニュアルがしっかり整った薬局に転職できたため、課題やチェックテストが用意され要点がまとまっていたので、より効率よく勉強ができたそうです。

大手薬局チェーンや転職サイトでも、e-ラーニングをはじめとした独自の教育システムや研修制度を設けているところがあります。

その他に、職場に実際に行って研修を受けるOJT・OFF-JT(職場内訓練と職場外研修)を実施しているところもあります。

調剤薬局で働く人を対象とした短期の研修(通常3日程度)なら、薬の知識・薬事法・保険制度の勉強や薬歴記載方法なども勉強できる実践的な内容になっています。

もし自分1人での勉強に自信がない人は、これらのバックアップ体制を利用しましょう。

未経験やブランクありでも安心の研修サポートを行っている企業の例

  • アイセイ薬局
    中途採用の場合、調剤薬局の現場は未経験の転職や、ブランクがあっても安心な、独自の研修プログラム「@pharm」があります。
  • 薬樹
    通信講座はもちろん、マンツーマンで教えてくれる人が付いたり、定期的な勉強会なども用意されています。
  • 日本調剤
    15ステップアップ研修」というe-Learningスタイルの学習環境が整えられていて、これに連動したテストをクリアしながらステップアップを目指せます。

未経験やブランクありの方のためのサポートがある転職サイトの例

  • マイナビ薬剤師
    薬剤師のための情報サイト「薬+読」の会員限定コンテンツで、新薬や服薬指導の解説動画を閲覧可能になります。
  • ファルマスタッフ
    有料ですが、あの日本調剤の教育専任スタッフが取捨選択して作成した、実務直結型eラーニング「JPLearning II」で、医薬品・疾患をベースにした実務知識から保険薬剤師に必要な法律や保険制度まで、薬局で必要な知識・技術が学べます。
  • ヤクジョブ
    ヤクジョブ サポート登録で、マナー・接遇、過誤防止、個人情報保護などの調剤実務のポイントが的確に学べる「保険薬局 業務テキスト」を無料でもらえます。

 

ポイント5.生涯研修認定制度の実施機関の研修

日本女性薬剤師会

会員15,000円、会員以外は18,000円で薬剤師継続学習通信教育講座を受講できます。

認定薬剤師研修機関に認定されており、認定薬剤師の単位が取れる講座もあります。

その他、各地で研修や講演会も行われているので、申し込みの上、足を運んでみるのもいいでしょう。

参照:JWPA【一般社団法人 日本女性薬剤師会】

日本薬剤師研修センター

各種研修会の開催、研修認定薬剤師の認定、学習用の書籍・教材の刊行等の事業を行っています。

研修会をはじめ、インターネット研修やビデオ・オンデマンド研修など、様々な研修が用意されています。

漢方薬・生薬認定薬剤師制度、小児薬物療法認定薬剤師制度、認定実務実習指導薬剤師制度などの特殊研修も受講できます。

参照:公益財団法人 日本薬剤師研修センター

 

おわりに

最近では電子薬歴が主流になってきており、昔は紙の薬歴管理で良かったものが、パソコン入力になっている薬局が多くなりました。パソコンの使い方や薬歴の書き方をはじめ、求められる基本的スキルが多くなっています。

就職が決まったら、実際にお店で使用している薬品一覧を貰い、その薬品について「今日の治療薬」などで勉強して、日々の業務に入ったら、薬の添付文書をもらって重点的に勉強するのもいいでしょう。

日々の業務を覚えることやこなすことに追われ、勉強がはかどらずについていけなくて挫折してっしまった、ということがないように、しっかり準備しておくことをおすすめします。

勉強法がよく分からなかったら、薬剤師の人材紹介サービスに相談してみましょう。
キャリアコンサルタントが転職や復職をサポートし、きっとあなたに合ったアドバイスをしてくれますよ。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
ファルマスタッフ 詳細はコチラ
4位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ
5位 ヤクジョブ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
  • 会員特典が盛り沢山!薬剤師 転職サイト【ヤクジョブ】の評判とは?
RANKINGランキング