1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 製薬メーカーの学術の仕事について

製薬メーカーの学術の仕事について

job-change15144

製薬メーカーの学術とはどんな仕事をするのか

製薬メーカーの学術の主な業務

製薬メーカーの学術の主な業務は、

  • 自社製品の情報管理
  • MR(営業)のサポート です。

自社製品や競合製品に関わる様々な資料を収集、管理し、必要に応じてMR(営業)または病院や薬局に提供します。

他にも社内で自社MR(営業)へ対して勉強会を実施したり、MR(営業)に同行して病院や薬局で製品の説明会を実施することもあります。

また、医薬品の販売促進のための医療関係者向けのパンフレットや資料など作成にも関わります。

キャリアアップの道

学術として入社した場合、部署の異動があることは希です。ほとんどの人が学術として更にに知識を深めることで、部署内でキャリアアップを図るようです。

製薬メーカーの学術として働くメリット

  • 福利厚生が充実しており、昇給もある。
  • お正月やお盆などに長期休暇が取りやすい。
  • 自社が扱う特定の医薬品とその分野について知識を深めることができる。
  • 部署を移動して学術以外の違う職種に就くことも可能(MR(営業)など)。
  • 残業が少ないのでプライベートの時間が確保しやすい。

製薬メーカーの学術として働くデメリット

  • 知識が自社製品と自社が取り組む分野に偏る傾向がある。
  • 製薬メーカー内の学術の数は多くないので、一人にかかる責任は大きくなる。
  • MR(営業)から様々な質問を受けるので、常に最新の医療情報を収集し、勉強が欠かせない。
  • 英語の文献を読まなければならないので英語の医療専門用語を勉強しなければならない。
  • 必ずしも薬剤師の資格が必要な職種ではないので、資格を活かしきれてないように思う人もいる。

製薬メーカーの学術はどんな人が向いているのか

相手のニーズを掴み、わかりやすく説明する能力が求められます。

また、学術はMR(営業)と協力して製品の説明会を実施する機会も多く、チームワークを大切できるかもポイントです。

学術職としての長年の経験とデータの蓄積により、自社のMR(営業)により有益となる情報を提供できる場合も多いので、同じ会社に長く勤めたい人に向いているでしょう。

製薬メーカーの学術に転職する方法

転職サイトに登録し、製薬メーカーの学術職を検索します。

常に求人のある職種ではないため学術職として転職をしたいと思ったら、すぐ転職サイトに登録しコンサルタントに相談してみましょう。

応募をする際は、社風はもちろんのこと、どのような医薬品の開発に力を入れているかなども事前に調査してください。

会社が扱う医薬品の分野が、自分の興味と一致していることが望ましいでしょう。
  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ