1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師が海外の調剤薬局を研究するために留学すべき理由

薬剤師が海外の調剤薬局を研究するために留学すべき理由

薬剤師が海外の調剤薬局を研究するために留学すべき理由世界の薬剤師と薬事制度は、国によって全くといっていいほど違います。たとえば、フランスでは、町の調剤薬局で働く薬剤師と、病院で働く薬剤師は、大学の履修科目や年数も違います。また、調剤薬局の数も日本の半分、薬剤師の数も日本の4分の1程度と言われており、薬剤師の大半は製薬会社に勤務するのが一般的です。

一方、イギリスアメリカなどでは、日本では薬剤師がやるような、処方入力、薬の容器入れ、仕分け、ラベル作りなど(つまり調剤)は「テクニシャン」と呼ばれる補助者が行います。薬剤師は、疑義照会カウンセリング保険会社との折衝業務処方監査がその仕事になります。興味深いことに、日本では当たり前のように行われている、散剤の混合などは原則的に禁止されています。また、薬剤師による処方権もかなり広い範囲で認められています(逆に薬剤師の権限が極端に狭いのは日本くらい)。

何をもって先進的というかは別にして、日本とは明らかに異なる、薬剤師の働き方や薬事制度に触れるために、海外の調剤薬局研究を目的とした留学を行うことには、一定の価値があると思います。また、日本の薬剤師の労働環境や、調剤制度、調剤薬局のあり方を変えたい、良くしたい、という志の高い人は、いろいろな国の調剤薬局を研究するために、ぜひとも留学することをおすすめします

もっとも、調剤薬局の研究というのは、「社会薬学」のカテゴリーに入ることが多いので、できることなら学生のうちから興味を持って、その分野の研究を始めておくほうが、道を開きやすいでしょう。また、留学とまではいかなくとも、薬剤師の海外研修の一環として、欧米の調剤薬局の視察現地薬剤師との交流を企画している調剤薬局チェーンやドラッグストアもあるので、本格的な留学をするほどでも…という人は、こうした方法もあることを知っておくと、役に立つでしょう。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ