1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 本気で留学を考えるなら ―薬剤師の留学に必要な語学力

本気で留学を考えるなら ―薬剤師の留学に必要な語学力

本気で留学を考えるなら ―薬剤師の留学に必要な語学力留学を考えるなら語学力が必須なのは言うまでもありません。その国で学び、生活するわけですから、半端な覚悟では、やっていけません。この語学力がネックになって、試験になかなか合格できなかったり、ルームメイトやクラスメイトとコミュニケーションを上手に図ることができなかったりで、恥を忍んでこっそり帰国というのもよく聞く話です。

まず、薬剤師の留学といえば、英語圏の国を目指す人がほとんどでしょう。(英語圏以外の留学を考えている人も似たようなことが言えますが)たとえば、アメリカでは、薬学部に入学するのに必要なレベルはTOEFL550点(TOEFL CBTで200点)が一般的な目安と言われています。しかし、それはあくまでも入学に必要な最低限のレベル。おそらく、ほとんどの人にとって、留学は目標ではなく、卒業してその国の薬剤師資格を取得することが目標のはずですから、語学力取得には人並み外れた努力が必要です。

一例として、アメリカのテネシー州で外国人が薬剤師になろうとする場合、まず、FPGEC Certificate取得後、インターンシップを1500時間NAPLEX等の合格を条件としています。つまり、インターンシップのような現場で飛び交う様々なニュアンスの専門用語を使った会話力や、薬事関係法規を理解するだけの英語力が必要になるのです。また、筆記力も重要なポイントになります。たとえば、英語論文は、特有の表記方法や、ルールが存在するほか、構文の傾向もつかんでいなければいけません。また、外国人として暮らすわけですから、学習と関係ないところで様々な提出書類がありますから、そうしたものに早く慣れる必要もあります。

と、ここまで聞くと、なんだか諦めてしまいそうになりますか?でも、この話を読んでも「自分はやれる!なんとかなるさ!」くらいの自信と度胸がある人なら、留学向きでしょう。また、薬剤師留学向けの英語教材薬剤師留学を目指す人の英語スクールなどもありますので、積極的に受講するようにして、国内でやるべきことはもうないというくらい語学力を磨いておいて、留学に備えておきたいものです。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ