1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. アメリカで薬剤師の資格をとって、現地で仕事を見つける

アメリカで薬剤師の資格をとって、現地で仕事を見つける

日本ではまだ見られない現象ですが、多民族国家のアメリカでは外国人薬剤師も少なくありません。州によっては薬剤師の数が少なく、外国人薬剤師も積極的に雇用することがあるようです

アメリカで薬剤師として働くには

アメリカでは200カ国以上の国々の人達が薬剤師の資格試験を受けている

National Association of Boards of Pharmacy (NABP/連邦薬事委員会連合)によると、アメリカでは200カ国以上の国々の人達が薬剤師の資格試験を受けているそうです。
ですが外国人薬剤師はアメリカで薬剤師免許の試験を受ける前に、FPGECという証明書を得なければなりません。これは自国での薬学教育がアメリカと比較したときに受け入れられかどうかを確認するためのプロセスです。(薬剤師の免許の写しや卒業証明、成績書などが必要)
この証明書を受け取って、FPGEEとTOEFL iBTという、「外国人薬剤師を対象とした試験」と「英語の試験」の受験資格を得ることができます。
これら試験に合格してはじめてアメリカで薬剤師の免許をとるための試験を受験することができます。

お金と時間に余裕があれば、アメリカの薬科大学を卒業することも選択肢の一つです。日本の薬科大学を卒業していれば、2年か場合によっては3年分の単位を認めてもらえるケースもあるようです。
この場合、外国人薬剤師を対象とした試験・FPGEEを受ける必要はなくなります。ちなみに英語に関してはTOEFLやTSE試験を要求する大学が増えているようです。
また、薬科大学の最後の1年間は病院や薬局での実習を集中的に行います

この経験を通して、プロとしての意識や、将来具体的にどの分野を専門的に極めたいなどの目標も決まってきます。英語力に関しても、実践でどうのばしていけばいいかかなりクリアに見えてきます。

アメリカで薬剤師免許を取得するには

アメリカで薬剤師として実際に仕事をするための試験

次は、アメリカで薬剤師として実際に仕事をするための試験(薬剤師免許の試験)についてちょっとお話します。この試験はNAPLEX (North American Pharmacist Licensure Examination)と呼ばれています。

薬剤師として働くための知識を十分もっているか、具体的には安全で効果的な薬剤療法などを理解しているか、安全で正確に調剤できるか、薬や健康に関する情報を患者に伝えられるかなどをテストします。これに合格しなければ薬剤師としてアメリカで働くことはできません。このテストを受ける前に、多くの人がPre-Naplexという模擬試験をオンラインで受験します。(50ドルくらい)得点も終了直後に確認することができます。本番に役立つ問題が結構出ています。

外国人薬剤師にとって重要なことは就労ビザ(H1bビザ)取得です。グリーンカード(永住権)がなければ、インターンシップ就職に就労ビザは必須です。薬剤師が不足している州の大手ドラッグストアや病院では、FPGEC証明書があればビザを取得するためにかなり積極的に手伝ってくれるようです。自分がどこの州で働くのかを早めに決めてスポンサーになってくれる薬局や病院に早めにコンタクトをとり相談してみることも大切です。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ