1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. アメリカで薬剤師として働くために必要な手続き

アメリカで薬剤師として働くために必要な手続き

アメリカで薬剤師として働くために必要な手続きこれまでのまとめとなりますが、日本人が米国の薬剤師免許を取得するには、日本の大学の薬学部を卒業後、
外国人向けの薬学試験(FPGEE: Foreign Pharmacy Graduate Equivalency Examination)、または専門大学院博士課程Pharm.D.)に入学し、インターンを経験してから米国薬剤師試験に合格しなければなりません。さらっと書ける割に、その道のりは厳しいといえます。

その他にTOEFL 550点以上TSE 55点以上(会話テスト)も必要とされています。米国の薬剤師免許は州毎に取得方法が微妙に異なっていますので、自分が滞在する予定の州の情報をしっかりと取得する必要があります

大学入学に必要なものは完全に記入された願書高卒の証明書銀行の残高証明書(収入証明)、推薦状、過去の成績(大学留学なら高校時代の成績、大学院留学なら大学時代の成績)、TOEFLの点数(500~550点が理想的)、エッセイ、過去の主要な業績を伝える履歴書あるいは経歴書 などです。加えて難易度の高い学校になどでは、SATまたはACTなどの共通テストの成績表も要求されます。

具体的なアメリカの薬学部への入学の流れは、成績や内申書、推薦書など書類による評価を受けたうえで45分程度の面接を受けます。そこで日本で学んだ科目が認められれば、入学後の履修科目数は少なくてすみます。

入る学校が決まれば、今度はアメリカに入国して長期滞在するための手続きです。
大学院、大学、コミュニティーカレッジ、語学学校等(いずれも認可された学校であること)への留学生は非移民ビザの中の「F-1」というビザの取得をすることになります。ビザは日本にあるアメリカ大使館に対して申請しますが煩雑なため、また自分で申請しにいく時間がもったいないといわれる方には「代行業者」に依頼するのもひとつの手です。

アメリカ薬剤師になるまで、厳しく、人によっては長い道のりとなるかもしれませんが、その分やりがいは多いといえるでしょう。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ