1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師が目指す人気の資格と勉強法

薬剤師が目指す人気の資格と勉強法

サプリメントアドバイザーやアロマテラピスト

現役薬剤師たちが、今後どのような資格を取りたいと考え、それをどのように生かしたいかについて、あるアンケート結果を見てその傾向を知ることができます。

それは、薬剤師が目指す人気の資格栄養情報担当者(NRサプリメントアドバイザー漢方薬・生薬認定薬剤師アロマテラピストなどが選ばれていることです。

そして、これらの資格をどのように生かしたいか?という設問に対し、就職や転職に生かしたい人が約35%となっていたのを見て納得でした。

こうした傾向は別のアンケートでも同様で、サプリメントアドバイザーの資格を取りたい理由として「サプリや健康食品についてのアドバイスを行えるようにしたいから」、漢方認定薬剤師については「患者さんや医師に漢方について聞かれることがあるから」となっています。

この辺の回答を見る限りは、薬剤師の使命に燃えてというより、業務上必要だからという感じはぬぐえませんが、スポーツファーマシストの資格を取りたいという人の中には、「ドーピングに尽力したい」というとても前向きで使命感に燃えた回答もあり、薬剤師として遣り甲斐を感じて仕事をしている様子が伺えます。

現実に必要なスキルを補うので精一杯?

「何のために資格を取るのか?」

実は、この“何のため”という資格を取る目的は、資格を取った後の仕事の仕方にとても影響があるように思えてなりません。

現にアンケートの結果を見てみると、現在不足していると感じる知識として、48%が介護在宅関連の知識を挙げつつも、「必要性は感じているが知識向上に取り組んでいない」と答えた人が77%に対しています。

一方、服薬指導のスキル不足を感じる人は24%ながら、知識向上に取り組んでいる人58.3%にもなります。

この数字だけを見る限りですが、多くの薬剤師が日々の業務に追われ、目先の知識・スキル不足を補うのが精一杯という様子が見え隠れしています。

必要性を感じつつも目的が明確でなければ、日々に業務に追われ実際に取り組むことは難しいでしょう。しかし、日々の業務に必要であれば、やはり忙しくとも時間を作って勉強しているわけです。

そのためにも、「将来はこういう薬剤師になって、こんな風に仕事をしていきたい」というイメージを強く持ち、その裏付けとして「患者さんの力になりたいから」「病気で苦しむ人をなくしたいから」という目的を明確にしなければ、現実生活に埋もれてしまうはず。

ネットでの情報収集が多いものの書籍や勉強会への参加も

では、明確な目的を持っている薬剤師が、こうした資格や勉強法についての情報をどのように入手しているのでしょうか?

回答が多かったのが検索エンジンをはじめ、mixiツイッターなど、インターネットを活用して情報を入手しています。

「インターネット」と聞くだけで、“今どきの人らしいな”という印象もありますが、その一方で書籍雑誌薬剤師会主催の勉強会などに参加して情報入手しているという回答も意外と多いのに少し安堵します。

そのことは「実際に資格取得のための勉強には何が適しているか?」という設問で、インターネットを利用したe-ラーニング(25.5%)よりも、通学によるスクリーニング(29.2%)がよいと回答した方のほうがわずかに多いことからも分かります。

ただ、こうしたアンケートでも感じたのは、やはり日本の薬剤師の立場待遇がいかに低いかということです。

このアンケートで資格取得にかけられる費用の回答を見るとわかりますが、1万円未満が38.5%1万円以上~3万円未満が34.6%と多く、10万円以上をかけられる人はわずか1.9%でした。

薬剤師という仕事が高度な知識や技術を要求されている割には、それに見合った給与がもらえていない現実に憤りすら感じます。

民間企業の主催するセミナーなどは金額が高いため参加できないのが現状だとすれば、せめて公的機関がもっともっと薬剤師の勉強の場を提供すべきなのではないでしょうか。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ