1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 医薬品情報専門薬剤師

医薬品情報専門薬剤師

医薬品情報専門薬剤師 それぞれの分野に高度に特化した専門薬剤師認定制度のひとつに医薬品情報専門薬剤師があります。

緩和薬物療法認定薬剤師の様に、チーム医療において医師や看護師らと連携して活動するのではなく、病院・企業・大学・研究機関などの専門機関に対して医薬品情報を活用する事により医薬品の適正使用を促す役割を持ちます。

従って、個々の薬物による療法に対してよりは、組織としての療法の適正化安全性情報の活用が期待されています。

医薬品情報専門薬剤師になるには

医薬品情報専門薬剤師は日本医薬品情報学会JASDI)が制定した認定資格で、資格を得るには同会が実施する認定試験に合格する必要があります。

いくつかの到達目標SBOs)が設定されおり、それぞれの目標に従った教育セミナーの受講や、医薬品情報に関する教育や研究の学会発表リストや論文リストの提出が必須となります。
2011年7月に最初の認定が行われており現在29名が資格を有しています。

到達目標には以下が設定されています。

  1. 情報源の特性の理解と検索・調査・指導
  2. 医品情報の評価と加工
  3. 情報を活用するための表現能力を有すること
  4. 開発・適正使用のための最適な判断
  5. 教育・研究
  6. 関連する医療制度・関連法規・専門用語の理解
  7. 医療倫理及び情報倫理の保持

以上の7点です。
それぞれに対し先にあげたセミナーなどの研修内容と認定条件が設けられており、他の認定薬剤師制度と同様に取得するのに非常に時間も労力もかかる資格と言えるでしょう。

近年では臨床の現場や緩和・在宅医療チームへの参画という職域の拡大ばかりが注目されがちな薬剤師ですが、医薬品情報をつかさどるという他の面での役割を高度に専門化した当資格は、より幅広い職域に薬剤師の技能を適応していけるきっかけとなるものだと思います。

また今後ますます導入が盛んになるIT技術とも、もっとも相性がよい資格であると思われます。

 

日本医薬品情報学会JASDI
http://www.jasdi.jp/

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ