公認スポーツファーマシスト制度

公認スポーツファーマシスト制度公認スポーツファーマシスト認定制度は、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)日本薬剤師会が協同で創設し、2009年から実施している新しい制度です。

ここ10数年、スポーツ界において世界中でドーピングへの対応が問題になっているのは、みなさんもご存知だと思います。意図してドーピングを行う選手もいますが、ドーピング禁止物質であることを知らずに違反と判断され、記録を抹消されたり資格停止になったりするケースもあります。

こうした“うっかりドーピング”を防ぐためには、薬の専門家である薬剤師のサポートが必要だということから創設されたのが公認スポーツファーマシスト制度です。

薬の専門知識を持たないスポーツ選手は、体調を整えるために栄養ドリンク剤サプリメントを常飲していることもありますし、大会前に風邪を引き市販の風邪薬を飲むこともあります。こうしたケースが“うっかりドーピング”につながってしまうことがあるわけです。

また、スポーツ界だけでなく、一般的に健康志向が高まる中、ジョギングをしたりジムに通ったり、サプリメント健康食品を愛用する人も増えています。こうした人たちへも運動と薬の観点からアドバイスすることも、公認スポーツファーマシストとしての大切な役割のひとつです。

仕事としての職場はまだまだ少ないものの、JADAでもスポーツクラブフィットネスクラブなどに公認スポーツファーマシストの配置を働きかけていますので、今後は薬剤師が働く職場として増えていくことが予想されます。

公認スポーツファーマシストの活動としては以下の通りです。

*国民体育大会に向けての都道府県選手団への情報提供、啓発活動

*トップレベル競技者および指導者への情報提供、啓発活動

*学校教育の現場における薬物に関する情報提供、啓発活動

*ドーピング防止教育啓発活動における講演会での講師

認定を受けるには薬剤師の資格がある人が対象となり、基礎講習会務講習会の2種類の講習会を受講し、知識到達度確認試験を受けて所定の成績を修める必要があります。

2009年度は796人、2010年度は2,079人が公認スパーツファーマシストとして認定されました。また、この資格を維持するには毎年各都道府県が実施する実務講習会を受講し、知識到達度確認試験を受ける必要があります。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    好条件の薬剤師求人が豊富
    公開求人情報は61,000件以上で業界最大級。時給4000円の求人もあるので派遣で働きたい薬剤師にオススメです。ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスが充実しているので安心。
  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    薬剤師登録数 No.1!
    年収は高め、かつ職場環境や勤務条件も妥協したくないというかたにオススメ。 日本最大級の医師サイトm3.comでお馴染みのエムスリーグループの薬剤師向けサービスでより多くの求人案件を吟味し、自分に合った求人を比較検討できる。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ