1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 調剤薬局と製薬会社 活かせるスキル・仕事の違い

調剤薬局と製薬会社 活かせるスキル・仕事の違い

同じ薬剤師でも、調剤薬局と製薬会社では求められるスキルや業務内容は異なります。
その違いを見てみましょう。

調剤薬局で働く薬剤師のスキルと仕事

調剤薬局の主な業務は以下です。

  • 病院・診療所から発行された処方箋に基づき医薬品を調剤する。
  • 調剤した医薬品を患者に販売する。
  • 用法や用量・副作用について説明する。

患者が必要とする医薬品の在庫を常に備蓄し、期限切れの医薬品は適宜廃棄するといった在庫管理がまず必須となります。そのために、仕入・棚卸などの通常の販売業と同じ知識や経験が不可欠となります。

また、患者に説明する時には健康状態について相談を受ける事もあるため、高いコミュニケーション能力も要求されます。

患者の薬歴管理処方箋管理も重要な業務のひとつです。それらを整理・分類・検索するための文書管理能力や、IT化のためにコンピュータソフトに関する知識や技術も必要になるでしょう。

このように一般の販売業と同様のスキルに加えて、医療機関としての専門的なスキルも求められるのが調剤薬局の特徴と言えます。

製薬会社で働く薬剤師のスキルと仕事

製薬会社の主な業務は医薬品の開発・製造・販売ですが、多くの部門やスタッフが存在し、業務内容は多岐に渡ります。

新薬の開発の各工程をとってみても、部門に応じて必要となるスキルは異なっています。開発部門では合成化学・生化学・薬理学などの研究者としての役割が大きくなります。治験・臨床検査部門では、医師や看護師らと連携したり患者と直に接するためのコミュニケーション能力が求められます。製造部門で必要なのは、化学工業や生産管理に関する知識や技術です。

またMRは医薬品情報の提供者という立場とともに、自社の販売する医薬品の売上を上げる役割もあるため営業能力コミュニケーション能力が必須となります。また、DI業務とともに、膨大な医薬品に関する情報を整理・分類して提供する情報処理能力も求められます。

この様に、各部門毎にそれぞれ高度に専門化されたスキルが必要とされるのが製薬会社で働く薬剤師の特徴です。

調剤薬局と製薬会社の違い

こうして見てみると、調剤薬局と製薬会社では薬剤師が求められるスキルや仕事の内容はそれぞれかなり違います。一慨には言えませんが少ないスタッフで何でもやるのが調剤薬局で、それぞれの工程で専門特化している事を求められるのが製薬会社といえると思います。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ