1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. ネット医薬品は薬剤師を必要としない?

ネット医薬品は薬剤師を必要としない?

変化しつつある医薬品の販売方式

一般大衆薬はその副作用の度合いで「第1類」「第2類」「第3類」の3つに分けられました。

2009年6月の改正薬事法で、一般大衆薬はその副作用の度合いで「第1類」「第2類」「第3類」の3つに分けられました。

第1類
H2ブロッカーで有名な胃薬ガスター10、今年に入っては鎮痛薬のロキソニンなど、副作用のリスクが一番高い薬。
第2類
次にリスクの高い風邪薬や解熱鎮痛薬でインターネットでの販売は禁止。
第3類
リスクの最も低いビタミン剤でネット販売が可能。

「第1類」は薬剤師のみ、「第2類」は薬剤師か登録販売者が、「第3類」は薬剤師や登録販売者がいなくても販売できるので、コンビ二などにもおかれています。

やはり、薬剤師の雇用確保のためなのか、一般大衆薬の販売様式がちょっと複雑で矛盾している感じが否めません。薬剤師の雇用だけ考えるのであれば、保身に回らず新しい発想で時代の流れに向き合う姿勢が必要なのではないでしょうか。

ネットを利用した新しい販売方法

オンライン薬剤師なるウエブ・ビジネスを立ち上げることも可能かも

もし国民が一般大衆薬を区別なくネットで買えることを望むのであれば、厚労省や薬剤師会がネット販売では「適切な情報提供と相談応需を通じて購入者側の状態を的確に把握でき、購入者と薬剤師との間で円滑な意思疎通ができない」という心配を払拭する環境を実際につくることはできないのでしょうか。

例えば、今話題のスカイプなど利用して、オンライン薬剤師なるウェブ・ビジネスを立ち上げることも可能かもしれません。

現代のIT社会でインターネットの利用者は増え続け、どの世代にとってもテレビと同じくらい頻繁に使うことになると思います。今後、ネット世代が高齢者になっていきます。歩くことが不自由な高齢者、薬局が近くにない地域の人々、忙しい主婦などにとって薬をネットで買えるのはありがたいことです。薬をネット販売で売ることだけではなく、販売前後のケアで薬剤師がどう活躍できるのかを考えていきたいですね。

現にアメリカではドラッグストアドットコムというサイトがあり、アメリカ・オンライン、ヤフー、アマゾンドットコムなど大手のオンラインショップと提携し、一般大衆薬のみならず処方箋があれば処方薬までもネットで注文し、薬を自宅まで届けてくれる薬の通信販売サービスを展開しています。

質問がある場合はAsk the Pharmacist(薬剤師に聞いてみよう)というタブをクリックすると、よくある質問に対する回答を見つけることができます。そこで解決できない時は、月曜日から日曜日まで毎日24時間薬剤師が対応してくれる電話番号とメールアドレスがあるのでそこへ直接問い合わせます。アメリカは自己責任の国なのでこのように利便性を追求したシステムが素早く積極的に構築されるのかもしれません。

日本でも必要な医薬品をネットで買うか買わないかは消費者が決め「薬剤師常駐ネット」のようなサイトから必要な情報を容易に引き出せる時代がやって来るかもしれませんね。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ