1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師の業種別就職先の割合について

薬剤師の業種別就職先の割合について

p34619

近年、薬剤師を取り囲む環境は激変してきています。
医薬分業、薬学部の6年制移行、チーム医療、在宅医療・・・など、医療に携わる職種の中でも目まぐるしく産学の形が変わってきたのが薬剤師ではないでしょうか。

そこで、就職や転職を考える上で、1番押さえておきたいのはこの業界のリアルな情報です。

では、今回は就職や転職に関連するリアルな数字と割合についてお話していきましょう。

1. 全国の薬剤師数について

独立行政法人の統計によると、薬剤師の数は平成10年は約20万人。
平成20年には、約27万人になっています。

日本人口は、平成10年は1億2600万人、平成20年は1億2700万人ですので、薬剤師は人口1000人あたり1.5人から2.1人に増えました。

少子高齢化が進んでいる背景からも、今後少しずつ全体数は増えていくでしょう。

2. 全国の薬学部数について

2003年あたりから薬学部の新設が急に増え始めました。理由は、政府の規制緩和により学校教育法の一部が改定され、設置許可が下りやすくなったからです。

そのため、20年近くも行われなかった新設が増え続け46校から74校と急増しました。これは他の学部に例がないペースです。

大学側としては人気の薬学部を新設したいのは当然ではないかと思います。
規制緩和により、薬学部を標榜するためにまずは「薬草園を設けること」「実習先施設(病院、薬局)を確保すること」の2点がクリアできればいいからです。

しかし、新設校が増えたからと言って喜んでばかりいられません。
2014年の薬剤師国家試験合格率は約60%でした。厚労省は、合格率が低かったことに対して「学生の質の問題」とコメントしています。

大学側ものんびり構えている場合ではなくなってきています。

3. 全国の病院、調剤薬局数について

全国には病院が約8600、調剤薬局は約5万5000あります。

調剤薬局の数は、なんとコンビニの店舗数より多いのです。

  • 東京 6178軒
  • 神奈川 3508軒
  • 千葉 2224軒
  • 埼玉 2543軒

首都圏に限っては、このようなデータがあります。
全国の4つに1つの調剤薬局は、首都圏にほぼ集中しているのです。

これは人口分布と同じ傾向を示しています。

  • 東京都 1266万人
  • 埼玉県 707万人
  • 神奈川県 883万人
  • 千葉県 607万人

日本人の4人に1人以上がこの1都3県に住んでいます。

4. 卒業生の業種別就職先について

まず、国立大学と私立大学の在籍人数についてみていきましょう。

在籍人数は、国公立が約1000人に対して私立は10000人と1:10です。当然、就職先は多様で大学毎に相当異なりを示します。

ちなみに、国公立では

  • 進学: 約70
  • 薬局: 約8
  • 病院: 約8
  • その他: 14

それに対し、私立は

  • 進学: 20
  • 薬局: 約40
  • 病院: 約20
  • その他: 20

です。

多くの私立薬科大学が、国家資格保有者養成機関としての性質をふんだんに持ち合わせていることがこの結果から想像できます。薬剤師全体の就職先としては毎年3〜4割が薬局と言われている所以です。

まとめ

将来、日本は少子高齢化を迎えます。薬剤師資格の保有者として活躍できる場は多様化されていくでしょう。自分のライフスタイル、また将来に向けて、現実を踏まえながら理想の職場を探しましょう!

いま注目の記事

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア)
薬剤師登録数 No.1!
詳細はコチラ
マイナビ薬剤師
キャリア面談が好評
詳細はコチラ
リクナビ薬剤師
企業やドラッグストア求人も多い
詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ
高時給の派遣求人が豊富
詳細はコチラ
5位 薬剤師WORKER 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリット
  • ファルマスタッフ
  • 薬剤師WORKER
TOPへ