1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師に向いている人、向いていない人

薬剤師に向いている人、向いていない人

薬剤師を目指す若い学生は全国各地にいます。親や周囲の大人から薬剤師になることをすすめられる場合もあるでしょう。

しかし、薬剤師に向いていない人が薬剤師になろうとするのは建設的なことではありません……どちらかといえば、無駄な行いでしょう。

それではどのような人が薬剤師に向いているのでしょうか?

正確さを追及・実践できること

「大事なことについては、決して適当に済ませない性格であること」が第一条件ですね。

薬剤師は多くの薬品を取り扱いますが、その数と種類は膨大なものになります。名前も種類も効能も少しずつ違うような薬品(つまりは、紛らわしい薬品ですね)が大量にありますが、それを正確に使いこなさなくては仕事ができません。

特に几帳面さが要求されるのは調剤のときでしょう。それぞれの薬品を、正確な分量で調合しなければなりません(さもないと、必要な効能を発揮しません。それどころか、人体に悪影響を及ぼしかねません)。微量な違いが大きな違いをもたらす世界であることをよく認識して仕事にあたることができる人が薬剤師の世界では必須なのです。

それぞれの薬品には、さまざまな性質があるため、同時に人体に入ったときに害を及ぼす危険性や、副作用等に関する知識も正確に使いこなせなくてはいけません。

薬学部は理系の学部に含まれますから、あまり計算が苦手な人は目指さないでしょうが、
細かい計算を毎日のように繰り返すような作業を苦にしない性格であることも、同様に重要な要素でしょう。

コミュニケーションスキル

最近特に求められているコミュニケーションスキルもうひとつ、最近特に求められていることがあります。
それは、コミュニケーションスキルですね。どんな相手に対しても、わかりやすい説明をできるようにならないといけないということです。

最近は高齢者が増加していますが、高齢で介護を受けているような人でも理解できるような、上手な説明を実行することが求められているのです。

以上は、主に薬局で調剤を担当するような薬剤師に必要な適性ですが、他の職場に勤務する場合でも、これらの適性は必要でしょう。

研究や開発、あるいは治験や検査等の業務に携わる場合でも、やはり正確に薬品を取り扱わなければいけませんし、営業職等に携わる場合は、毎日のようにいろいろな人と顔を合わせて折衝を繰り返すことになりますから、コミュニケーションスキルに長けていることは大切です。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ