1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 【人事院民間給与実態調査】6年卒薬剤師、初任給は21・7万円

【人事院民間給与実態調査】6年卒薬剤師、初任給は21・7万円

【引用ニュース】

人事院が従業員50人以上の事業所を対象に2012年4月現在の民間給与の実態を調査したところ、初の薬学6年制課程の卒業者を中心とする薬剤師の初任給は平均21.7万円で、大学卒の技術者の平均を1.8万円程度上回った。時間外手当、家族手当、通勤手当などを除いた支給額。事業所規模が500人以上だと22.1万円、500人未満100人以上だと20.6万円で、1.5万円程度の差があった。他の職種の初任給は、医師が39.9万円、看護師が20・6万円だった。

(2012年8月15日 薬事日報)

http://www.yakuji.co.jp/entry27762.html

今年は3年ぶりの新卒薬剤師で、年収600万円とも言われてましたよね。

今月の8日に、2012年の国家公務員の月給とボーナスの据え置きが人事院から勧告されてガッカリされた方もいるのでは?

でも、今回のニュースでは民間給与の実態は、初任給21.7万円ということで大卒技術者の方よりも、平均で1.8万円ほど上回ったというのが嬉しいですね。

どの学部で学んだかは別として、やはり通常の学生よりも2年多く学んだのですから、それに対して正当に評価されているようで嬉しく感じてしまいます。

もちろん、薬剤師という仕事はやりがいを持てるかどうかが一番大切であって、その先の収入だとは思いますし、みんながそう思ってくれることが望ましいはず。

ただ、薬剤師としてさらに知識を深めていくための勉強会などに参加しようとすると、無料のものもありますが、参加費が1万、2万円もするものも多かったりするんですよね。

そういう意味では薬剤師も医師と同様、患者さんのためにより知識を深めるには、それなりの収入が必要かなと思います。

でも、最近では調剤薬局などで認定薬剤師になるためのE-ラーニングの費用などを負担してくれるところもあるようで、こういう制度を取り入れてくれる薬局がどんどん増えるといいですね。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ