1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. ファイザーの「エスタブリッシュ」 医師5割が認知 知るきっかけはMR

ファイザーの「エスタブリッシュ」 医師5割が認知 知るきっかけはMR

【引用ニュース】

ファイザーは8月7日、m3.com会員の医師と薬剤師644人を対象に、エスタブリッシュ医薬品の認知度について調査を行い、その結果を発表した。それによると、医師の約5割、薬剤師の約9割が知っていた。知るきっかけのトップはいずれもMRだった。ただ、「詳しく知っている」のレベルになると、医師は1割未満、薬剤師では2割未満にとどまる。

エスタブリッシュ医薬品は、「医療現場で長く使われている標準的な治療薬のことで、特許期間が満了した先発医薬品(長期収載品)と後発医薬品(ジェネリック)が含まれる。同社が提唱したもので、定着を図ろうとしている。

(2012年8月8日 ミクスOnline)

http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/43002/Default.aspx

 

MRの存在意味を確認するかのような結果ですね。

9割の薬剤師がエスタブリッシュ医薬品のことを認知していて、そのきっかけがMRだったというのですから、5割の医師に比べても薬剤師にとってはやはりMRの存在は大きいように思えます。

ただ、MRの中には怠慢なのかどうだか、インターフェロンが販売中止になった時にも、2週間近く経ってやっと顔を見せたと、薬局薬剤師の友人から聞いたことがあります。

メーカーに苦情の電話を入れたら、「ドクターに先に伝えてからと思っていたものですから」と言われ思わずムカッとしたと言っていました。

反面、仕方ないかぁ・・・実際に調剤するのは薬剤師だとしても、薬を選ぶのは医師でもからねぇ・・・などと納得もしたのですが(苦笑)。

とは言え、やはり薬剤師にとってMRの存在はとても重要です。

ただ認知の方法として、「製薬会社のセミナー、説明会」が病院薬剤師では2位になっているのに、薬局薬剤師には入っていないということが気になりました。

病院薬剤師と薬局薬剤師の仕事内容の違いも考えれば仕方のないことだとすれば、その分、薬局薬剤師は自らの研鑽がより必要だということを改めて感じたニュースでした。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ