薬の授業、試行錯誤 中学で今年度から義務化

【引用ニュース】
医薬品の種類や飲み方、副作用を学ぶ「くすり教育」が今年度から全国の中学校で義務化された。法改正などに伴いコンビニの店頭で手軽に買える薬が増える中、正しく使うための知識や判断力を身につけさせることが狙いだ。新しい学習分野だけに、学校現場では試行錯誤が続いており、専門家らが授業をサポートする動きも広がっている。
(2012年7月5日 日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO43393540U2A700C1NNSP01/

このニュース、とてもいいです。ぜひ、みなさんも全文を読んでみてください。

私自身はあまり学校薬剤師との接点はないのですが、彼等、彼女等の活躍が手に取るようにわかります。

ここで取り上げられているのは東京の東洋英和女学院ですが、3年前からこうした授業を取り入れているそうです。

印象的だったのは、薬を飲む際になぜコップ1杯の水で飲まなければならないのか?の理由を教える実験

ゼラチン製の空のカプセルを生徒たちに配り、「水が少ないと食道で止まって溶けてしまい、本来溶ける場所の胃や腸まで届かない」ということを、実験を通し体感させる授業です。

確かに、私たち薬剤師にとってはあまりにも当たり前になってしまっていることも、子どもたちの保護者である親=大人たちは、正しく理解していないことが多いのでは?と改めて感じました。

現に、薬を飲む際、お水以外のお茶や炭酸飲料で飲んだことがある子どもたちが実に多く、小学生が43%中学生が42%になると記事に書かれてあります。

つまり、親から「なぜ水で飲むのか?ということを教わっていないということですよね。

こうした授業が義務化されるのはうれしいですが、ぜひ、「義務的」な授業にならないよう学校薬剤師のみなさん、応援してますッ!!

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    好条件の薬剤師求人が豊富
    公開求人情報は61,000件以上で業界最大級。時給4000円の求人もあるので派遣で働きたい薬剤師にオススメです。ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスが充実しているので安心。
  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    薬剤師登録数 No.1!
    年収は高め、かつ職場環境や勤務条件も妥協したくないというかたにオススメ。 日本最大級の医師サイトm3.comでお馴染みのエムスリーグループの薬剤師向けサービスでより多くの求人案件を吟味し、自分に合った求人を比較検討できる。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ