1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. スイッチOTC薬、拡大の鍵は薬剤師の姿勢

スイッチOTC薬、拡大の鍵は薬剤師の姿勢

【引用ニュース】
先月15日の社説「新販売制度、本質見極めた対応を」に対し、ある薬剤師の方からご意見を文書で頂戴した。現在、ドラッグストアで勤務しOTC薬販売に従事する現場からの視点で、スイッチOTC薬と薬剤師、改正薬事法について俯瞰。全文にわたり薬剤師のOTC薬販売復権への熱い思いが込められていた。
とくに、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の一般用医薬品部会で、スイッチOTC化に向けた議論が行われている高脂血症治療薬「エパデール」の承認へ大きな期待を寄せていた。
(2012年7月27日 薬事日報)

http://www.yakuji.co.jp/entry27395.html

スイッチOTC薬というものを再考するのに、とてもよいニュースだと思います。

スイッチOTC薬には、薬剤費の抑制というメリットはあるものの、医薬品の安全性よりも利便性を優先させた姿だとする声もあります。

薬剤師は薬のエキスパートではあるものの、医師ではありませんから病気の診断はできません。

クレマスチンやメキタジン、塩化リゾチームなどがスイッチOTCになっているわけですが、どの成分がスイッチ化されたかというより、現状のシステムで本当にキチンとした運営が可能なのか?という疑問がどうしても払拭できていません。

本来は医師の処方箋が必要な薬が、街の薬局で手軽に買えてしまうわけですから・・・。

いくら薬剤師が服薬指導をしたからといって、病気の診断はできないんだぞという、患者さんにとって一番大切であり重要である部分が抜け落ちていますし、それを補うシステムは現状のドラッグストアなどでは整っていないはずです。

なので、一概にOTCが悪いとは思っていませんが、本当に現状スイッチ化された成分でいいのか? 今のシステムで問題はないのか?という点を、もう一度、患者さんの側に立って考えて欲しい気がしてなりません。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ