1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 在宅医療を行っている薬局・薬剤師の仕事って、実際はどうなの?

在宅医療を行っている薬局・薬剤師の仕事って、実際はどうなの?

当サイトに寄せられた、薬剤師のお悩みに詳しく回答!

 

今回は【薬局の在宅業務についてのお悩み】だよ。

今は病院薬剤師として勤務しているのですが、在宅医療にとても興味があるので、在宅に力を入れている薬局に転職を考えています。ただ、友人の多くが「在宅の薬局は忙しい」「大変だよ」と言うのですが、実際はどうなんでしょうか? 個人的には 大変かどうかではなく、やりがいを大切にしたいです。
-misoさん 20代男性(埼玉)より

 

新しい薬剤師としての道を目指しているなんて、とても素敵だね。

在宅医療はこれからますます需要が増えていく分野で、薬局・薬剤師に求められることもより一層拡がっていくね。

在宅では対患者個人だけではなく、対患者家族、ケアマネージャー、介護者、看護師、医師など、さまざまな方との連携も重要になってくるので、ご友人のいう通り、外来とはまた違う大変な部分もあるかもしれないね。でも、そこが非常にやりがいを感じるところでもある。

 

今回は薬局が行う在宅とは、どんな仕事で、どんなところが大変か、またどんなところにやりがいがあるのかを紹介していくね。

 

1. 在宅医療での薬局・薬剤師の役割

詳しくはこれからの在宅医療における薬剤師の役割の記事に書いてあるのだけど、在宅医療での薬局・薬剤師の仕事は、薬局への来店が難しい患者さんで、薬剤師による服薬管理が必要と判断され、医師から訪問指示がある場合にスタートするんだ。

薬剤師が患者さんの自宅に訪問して、お薬の指導や管理、患者さんの状態や服薬状況に合わせてお薬の見直しや提案などを行ったりするよ。

終末期の治療に携わることも多く、疼痛管理に伴う麻薬の注射・輸液の調整を行うこともあり、無菌調剤や幅広い衛生材料の知識が求められることもあるね。

病院勤務の経験があれば、そこで培った臨床の知識や技術を存分に発揮できるのではないかな。

公的な保険で提供できる在宅のサービスは、「居宅療養管理指導」(介護保険)、「在宅患者訪問薬剤管理指導」(医療保険)というものがあって、サービス開始時には、患者・家族の同意や契約書なども必要になってくるよ。

 

2. 在宅医療で薬剤師に求められること(大変さとやりがい)

まず言えるのは、密に医師とコミュニケーションをとる場面が多くなるね。退院時カンファレンスに同席したり、往診同行を求められることもあるよ。

そこで、医師や看護師の質問・相談に対して、その場で回答・提案する力が求められてくるね。お薬の知識はもちろんのこと、患者さんの疾患・症状、生活環境を理解して、それに合わせた提案をすることが薬剤師として信頼を得るために大切なことになるね。

また、医師だけでなく、ケアマネージャーや看護師、介護者から、直接お薬の管理について相談を受け、対応することも多いね

担当者会議地域ケア会議などにも参加する機会が増え、さまざまな職種の方と連携をスムーズに行うためのコミュニケーション力も求められてくるよ。

また患者さんの服薬状況や体調など、訪問時に確認したらそれで終わりではなく、ケアマネージャーと医師に報告することも大切な仕事になるね。

こんな風に、薬局の外来とは、また違う大変な部分も多いけれど、それが、まさに薬剤師としての大きなやりがいになるのではないかな。

 

3. 在宅医療に力を入れている薬局を探すには?

最近では、外来だけではなく、在宅医療を行っている薬局も大分増えてきたね。

面(病院に隣接しない)で薬局を開業して、在宅医療に特化して営業している薬局もみられるようになってきてるよ。

  • 無菌調剤ができる設備を持っている
  • 衛生材料の取り扱いが充実している
  • 在宅医療に必要とされる機器に関する知識が高い
  • 地域の医療・介護関係者からの信頼性が高い/連携がとれている

などが、在宅医療に力を入れているかのひとつの指標になるのではないかな。

 

24時間オンコール体制(緊急対応)も在宅では必要になってくるため、その体制がスタッフ間で整っているかも大切だね。

もし転職サイトなどで、在宅により力を入れている薬局を探す場合には、在宅医療をメインに行っている薬局を探すとよいよ。独自のノウハウをしっかり研修してくれるはずだよ。

 

おわりに

今後、ますます在宅医療のニーズは増えていくことは間違いなくて、地域医療の中で、薬局・薬剤師が果たすべき役割も非常に大きなものになっていくね。

他職種との医療連携が大切で、お薬をただ届けるというだけではなく、チームの中で薬局の機能と薬剤師の職能を最大限に発揮していくことが重要だよ。

もちろん在宅医療に限らず、外来での対応の際も同様に、患者さんやそのご家族が笑顔になれるように最適な医療をサポートするチームの一員になっていくのだということを忘れないでね!

 

ちなみに在宅医療に力を入れている薬剤師が集まる学会もあるんだ。例えばこれらの学会。

薬局・薬剤師の最新の取り組みや研究・報告等に触れることもできるので、とてもおすすめだよ。勉強会があれば、進んで参加しよう。

「在宅医療に携わりたい」というその気持ちを大切に、まずは実際に在宅に力を入れている薬局の方の話を聞いてみることや研修を受けてみるのが良いんじゃないかな。

 

<オコジョTとは?>
オコジョはもちろん仮の姿で、ファーマシストライフの物知り薬剤師コンサルタント。
現役薬剤師でありながら会社経営者、某薬剤師関連の協会代表の顔をもつスーパー薬剤師。
好きな食べ物は納豆。
新しい仕事場への第一歩が踏み出せるように心から応援しているね!

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
ファルマスタッフ 詳細はコチラ
4位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ
5位 ヤクジョブ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
  • 会員特典が盛り沢山!薬剤師 転職サイト【ヤクジョブ】の評判とは?
RANKINGランキング