1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 【中医協】調剤ポイント禁止、10月から‐当初より半年ずれ込む

【中医協】調剤ポイント禁止、10月から‐当初より半年ずれ込む

【引用ニュース】
中央社会保険医療協議会は10日、保険調剤の一部負担金にポイントを付与するサービスを原則禁止する「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」等の改正案を小宮山厚労相に答申した。
昨年11月に4月1日施行で合意していたが、調剤ポイントを付与している薬局が多く、周知や準備の期間を十分に設けるため、半年間延期して10月1日からの施行とする。
(2012年2月13日 薬事日報)

http://www.yakuji.co.jp/entry25521.html

 

もともと調剤ポイントの付与が始まった時点で、「本当に大丈夫?」と思った薬剤師も少なくないはず。

厚労省も最初は「調剤に競争原理が働くのは望ましくない」としていたのに、「ポイント付与を規制する法律はない」なんて見解を示したものだから、ドラッグストアでのポイント付与がスタートしてしまったところがあるのではないでしょうか。

6年制を卒業した薬剤師の就職先を考えれば、確かにドラッグストアでの調剤業務が増えれば就職先も増えるでしょうから、その点からすれば喜ばしいことではあります。

でも、考えてほしいのは、今まで調剤をしていなかったドラッグストアが人件費を抑えるために、給与が安い新卒の薬剤師だけを揃えたとしたら・・・あなたはどう思います?

現在、処方箋を扱っているドラッグストアは1割程だそうです。とすると、残りの9が調剤をスタートする可能性はあるわけです。

もちろん、ベテランの薬剤師がいるのであればいいのですが、問題は、薬剤師を育成する体制のないドラッグストアで、本当に患者さんに有益な服役指導ができるのか?という点です。

医療に関しては企業の利益ではなく、まず患者さんの利益を優先すべきはず。

調剤ポイント禁止でこの一件は解決したとしても、またドラッグストアが新たな戦略を考えだしてくるのでは?という不安が残ってしまいます。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ