1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬科大生作家デビュー

薬科大生作家デビュー

【引用ニュース】
長野県安曇野市出身で、明治薬科大学(東京都清瀬市)に通う安澄(あずみ)加奈さん(24)が、竹取物語に着想を得た小説「いまはむかし―竹取異聞」(ポプラ社)で作家としてデビューし、県内の書店などで好評だ。薬剤師を目指し勉強に励みながら、2年がかりで完成させた。安澄さんは「老若男女、文系理系問わず楽しめる作品になった」と話している。
(2011年1月13日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120112-OYT8T00591.htm

う~ん、薬剤師の勉強をしながら2年がかりで小説を書き上げるなんて、すごいバイタリティーあるなぁ・・・と感心したニュース。

私が薬学生の時は、勉強するのに必死だったものなぁ・・・頭のデキが違うのか?と悲観しても仕方ないのでやめておきますが。

それにしても、今回の安澄さんが書いた小説は薬剤師とは全く関係のない内容のようです。でも、改めて調べてみると薬剤師が主人公の小説や漫画も少なくないのにはびっくり!

人気なのは山村憲司氏の小説『調剤薬局アラカルト』。山村氏自身、薬剤師ですから、「おっ、自分も作家になれるかな?」などと下手な期待を抱きかねない自分がいるのも、チト怖い感じはしますが・・・。

 

コミックエッセイの『薬学女子』(北乃ブンコ著)も笑かしてくれましたよね。ちょっと「???」な部分はありましたが・・・。

他にも漫画で『病院薬剤師物語』もありましたね。薬剤師という地味な仕事を一般の方に理解してもらうには、こういう小説や漫画の存在はありがたいです。
いずれにせよ、薬剤師が作家として活躍(?)するには、やはり経験がものをいいますので、日々の仕事に精進あるのみ・・・かな(笑)。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ