1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 動物に関わる薬剤師の4つの仕事と実際の求人

動物に関わる薬剤師の4つの仕事と実際の求人

日本では、バブル期頃から「ペットブーム」が始まり、今もなお、そのブームが継続しています。

p50811_4

内閣府が行った動物愛護に関する世論調査では、犬や猫などのペットを飼育している家庭は36.6%にのぼると報告されており、ペットを飼っているという薬剤師も少なくないかもしれません。

そして、なかには資格を活かしてペットや動物に関わる仕事に就きたいと希望している薬剤師もいるのではないでしょうか。

 

今回は動物に関わる薬剤師の仕事について紹介します。

動物医療の現状は?

近年、ペットに対する飼い主の意識が変化しているようです。

飼い主にとってのペットはただの愛玩動物ではなく、家族の一員であり、人生をともに歩んでいく伴侶、すなわち「伴侶動物」であるという認識が高まっているのです。

飼い主の意識の変化に伴い、家族であるペットにも、自分たちと同じように、質の高い衣食住を用意したいと考える飼い主が増え、こうした事情を背景に、ペット産業の市場規模は著しく拡大し、現在では1.4兆円を超えるとされています。

そして、衣食住だけではなく、医療についても同様の傾向がみられます。

ペットが病気やけがをしたときには、人間と同じように、高度で専門的な医療を受けさせてあげたいと考える飼い主が増えてきました。

こうした飼い主のニーズに応えるため、動物医療は専門化・高度化してきており、病院によっては、人間の医療施設に導入されているのと比べても遜色無いCT、MRI、PET-CTなどの医療機器を用いた検査が実施されたり、先進医療が提供されています。

当然、医薬品についても、人間が使用しているものと同様のものが用いられ、治療されています。

医薬品が用いられる以上は薬剤師の活躍も期待できますね。

 

現在、薬剤師の資格を活かして動物に関わる仕事をするとしたら、どのような就職先があるのでしょうか。

薬剤師として、動物に関わることのできる4つの仕事

1. 動物病院の薬剤師

個人病院では獣医師自身が調剤・投薬業務を行うことが多いのですが、大規模な動物病院や大学附属の動物病院などでは薬剤師を雇用するケースが増えてきているようです

その理由として、近年来院する動物数が増加しており、多職種がそれぞれの専門性を活かし、より効率的に業務をすすめるよう求められていることが挙げられます。

もし動物病院に雇用された場合には、動物の疾患、それに対して処方される薬剤、用法・用量などを新たに勉強しなおす必要があります。

 

2. 動物医薬品メーカーの管理薬剤師

動物医薬品メーカーでの管理薬剤師業務です。

  • 医薬品の承認申請を行う薬事業務
  • 医薬品の品質管理
  • 営業職への学術サポート
  • DI業務

などのほか、取引先である動物病院からの電話応対を行うこともあります。

 

3. 動物用品の店舗管理者

ペットフード、ペットのおもちゃ、洋服などの各種グッズ、シャンプーなどのケア用品といった動物用品を扱うショップでの管理者です。
こうしたペット用品店では、ペット用の薬を扱っていることがあり、ここに薬剤師の資格が活きてきます。

 

4. 農林水産省 動物医薬品検査所

動物医薬品検査所では、動物医薬品の開発、製造(輸入)、流通および使用の各段階における動物用医薬品の品質確保を通して、動物用医薬品が有効かつ安全であることの確認を行っています。

また、薬剤師には農林水産省 畜産系技術職員として働くという道がありますが、この場合は国家公務員採用一般職試験に合格する必要があります。

ただし、動物医薬品検査所と農林水産省 畜産系技術職員、どちらの仕事も薬剤師資格は必須というわけではありません。

 

それでは、これら動物に関わる仕事をするのに向いているのはどんな薬剤師でしょうか。

動物に関わる仕事に向いている薬剤師とは

まず一番大切なのは、当然ですが、動物が大好きであることです。そして、実はそれと同じくらい重要なことがあります。

p50811_5

それは、動物のみではなく、動物の飼い主の気持ちにも寄り添えるということです。

動物が好きな方は、飼い主よりも、動物のことを一番に考え、味方をしたくなってしまい、つい、飼い主の気持ちや考えを見つめることがおろそかになりがちだからです。

しかし、この点については、これまで薬剤師として人に寄り添ってきた経験のある方なら心配することはないと考えられます。

もし、動物に関わる仕事に就職するチャンスがめぐってきたら、動物にも人にも平等に寄り添う気持ちをもつよう心掛けることで、うまく仕事をしていけるのではないでしょうか。

 

では、どのようにすれば薬剤師が動物に関わる仕事をすることができるのでしょうか。

薬剤師として、動物に関わる仕事をするためにはどうすればよいか

動物に関わる薬剤師の求人数は少なく、そんな中でも比較的目にする機会が多いのは、
動物医薬品メーカーの管理薬剤師業務ではないでしょうか。

それでも、自分が就職したいタイミングと、病院や企業の求人のタイミングがうまく合致するかどうかは、もしかしたら運や縁に頼らざるを得ないこともあるかもしれません。

このような数少ない貴重な案件を逃さないためには、

  • 日頃から自分が就職したいと考えている企業や病院のWebサイトをこまめにチェック
  • 求人サイトに登録して、希望する案件があったら知らせてもらえるように担当者に依頼

などしておくと良いでしょう。

 

動物に関わる薬剤師の求人を見つけよう!

動物に関わる稀少な仕事を見つけるには、求人情報が豊富に集まっている求人サイトに頼るのが早道のひとつだといえます。

1. 動物たちに最高の医療と安らぎの提供を目指す動物病院(東京都板橋区)

p50811_3

稀少な動物病院の求人です。
パートタイマーでの募集なので、忙しいママ薬剤師や、自分の時間を大切にしたい薬剤師の方にぴったりですね。
ただ、採用情報ページの薬剤師の募集要項がなくなっているので、もう募集が終わっているかもしれません…

※参照: Pet Clinicアニホス川口

 

2.動物用医薬品も扱う医薬品メーカーにおける臨床開発業務(東京都渋谷区)

p50811_1

動物に関わる仕事で、しかも企業に就職したい人にぴったりの動物医薬品を扱うメーカーでの勤務です。
薬剤師の資格を活かして、しかも駅から徒歩5分の駅近の好条件で勤務できる希少な案件です。

※参照:薬キャリ

 

3. 動物用医薬品 通信販売の責任者【管理薬剤師】(東京都大田区)

p50811_2

日本全国に展開しているペットショップチェーンの動物用医薬品通信販売の販売責任者の案件です。
品質管理や在庫管理などの仕事のほか、将来的にはコンテンツ作成の仕事に携わるチャンスもあります。

※参照: マイナビ薬剤師

 

おわりに

薬剤師の資格を活かし、動物に関わることのできる仕事についてご紹介してきました。

薬剤師として動物に関われる仕事はそれほど豊富ではありませんが、求人サイトなどをうまく利用して、根気強く理想の職場探しを続けていきましょう。

動物医療の現状は、人間の医療並みに専門化・高度化しているのね…

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
ファルマスタッフ 詳細はコチラ
4位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ
5位 ヤクジョブ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
  • 会員特典が盛り沢山!薬剤師 転職サイト【ヤクジョブ】の評判とは?
RANKINGランキング