1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. MR
クオカート500円分が当たるチャンス

MR

MRMR(Medical Representative)とは、製薬会社の医薬情報担当者のことを指します。

自社製品に関する品質や有効性、安全性など、生命に係わる情報を、病院の医師や薬剤師など医療従事者にタイムリーに提供する重要な役割を担う仕事です。

現在、MRは製薬会社の中で薬物治療のアドバイザーとして位置付けられていますが、薬剤師の資格が絶対に必要なわけではなく、文系の大学を卒業した人で活躍している方も多くいます。

製薬協会加盟企業だけでも約55,000人にのぼると言われているMRの中で、文系出身者が過半数を占め、薬学部出身者は20%ほどだそうです。ただし、提供する情報には自社製品に関する品質や有効性、安全性以外にも、医師などを相手に、薬物動態副作用なども資料を基に説明しなければなりませんので、薬剤師の資格があったほうが実際に仕事をする上では有利だと言えるでしょう。

また、MRは薬の知識にプラスして厳しい倫理観が求められる仕事でもあります。製薬会社の社員ではあるものの、提供する情報に偏りがあってはいけません。あくまでも患者さんの治療に役立つための情報提供が目的です。

具体的な業務は以下の通りです。

情報提供
大学病院や開業医、薬局などの医療機関を訪問。自社医薬品の特長、有効性、副作用、使用上の注意などの情報を、学術論文やパンフレットなどの資料を使い医師や薬剤師などの医療従事者に説明。
情報の収集
自社医薬品に関する医療従事者からの問い合わせや、薬の有効性・安全性・品質などの医薬品情報、症例成績などを収集し、自社の関連部門に連絡。また、必要に応じてその後にとった措置を医師へフィードバック。副作用があった場合は、メーカーとして厚生労働省へ報告する義務があるため直ちに会社に報告。
情報の伝達
承認の取り消し、重篤な副作用の発現、用法・用量の変更など、自社医薬品に関する緊急な安全性情報を、医療従事者に迅速かつ正確に伝達。

その他にも、医療機関からの自社医薬品のクレームを会社に伝え、改善結果を報告する「クレーム処理」もMRの仕事です。

また、治験は主に開発部門の担当なのでMRが直接関与することはありませんが、「PMS」と呼ばれる市販後調査では、医療機関に調査を依頼・回収するのもMRの仕事のひとつとなります。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング