1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師の職種による年収の違い
クオカート500円分が当たるチャンス

薬剤師の職種による年収の違い

ある調査によると、薬剤師の平均年収は533万円となっています。

一般の職業に比べれば高いものの、医療従事者として比べると医師の平均年収は1072万円、歯科医師が621万円、獣医師の554万円となっていて、薬剤師は4番目ということになります。

また、同じ薬剤師でも男性の場合は平均年収が595万円、女性は475万円と性別によっても差がありますし、ドラッグストア勤務か病院勤務かなど、どのような職場で働くかによっても給料が変わってきます。

p6_0n

職種によりどのくらい薬剤師の年収が違うのかを比べてみました。

調剤薬局とドラッグストアの場合

調剤薬局、ドラッグストアに勤める薬剤師の年収

● 調剤薬局の年収

地域や規模により平均年収は350万円から600万円とかなり差があり、管理薬剤師になると最低でも500万円は超えるといわれています。

また、地方の調剤薬局では人材不足ということもあり、経験10年以上で年収800万円という職場もあります。

ドラッグストアの年収

年収は最初から400万円を超えることが多く、上限は調剤薬局とそれほど差はないようですが、店長クラスになると700万円を超える職場も少なくないようです。

ただし、ドラッグストアの市場規模は年々拡大しているものの、平均年収が500万円弱の横ばい状態になっているドラッグストアが増えているともいわれています。

 

調剤薬局とドラッグストアの違い

● 調剤薬局の場合

傾向として大手チェーンの薬局よりも、中堅~小規模クラスの薬局のほうが年収はよくなるという報告があり、薬剤師が不足している地域の場合は大幅な年収アップのチャンスだともいわれています。

● ドラッグストアの場合

ドラッグストアは大手企業が経営していることが多く、年収のほかに福利厚生面でも調剤薬局より優れているところが目立つようです。

ただし、調剤薬局より年収が高い理由として拘束時間が長いという点があり、結婚して共働きや子育て中の女性薬剤師にとっては厳しい環境だといえます。

 

年収で選ぶならドラッグストア? やりがいで選ぶなら調剤薬局?

ドラッグストアの場合、日用品や食品などを置いている店舗がほとんどで、薬剤師でありながらそれらの品出しやレジ打ちなどもあり、仕事のやり甲斐を求める人であれば調剤薬局のほうが向いているでしょう。

また、将来的に現在のドラッグストアがアメリカ並みにOTCを多種類扱うとなれば、今のうちから採血や血圧測定などが行える臨床検査技師の資格をとっておくのもいいでしょうし、病院での臨床経験がある薬剤師であれば、病気から必要な薬の提案ができるため、ドラッグストアでの活躍の場も広がり、年収アップへもつながりやすくなります。

p6_1n

いずれにしても、調剤薬局とドラッグストアの場合、長年勤務したとしても700~800万円くらいが年収の上限だという意見がありますので、頭の隅に入れておいてください。

 

病院薬剤師の場合

年収について

病院に勤務する薬剤師の場合、最初のうちは400万円くらいと調剤薬局やドラッグストアと変わりませんが、大きな病院で夜勤がある場合は、その手当が年間で30~50万円前後プラスされるため、その分、年収が多くなることがあります。

病院薬剤師は、長く勤務していると600~650万円を超えることもあるようです。また、「薬剤部長」「薬局長」などといったポストに就いた場合は、年収以外にもそれなりの待遇を受けられる点も魅力です。

年収は少ないが、貴重な臨床の経験が積める

ただし、病院勤務の薬剤師の場合、他の薬剤師にはあり得ない経験を積め、スキルに関してはプラスとなる面が多いため、年収とは無関係のメリットを望んで就職する薬剤師が少なくありません。

p6_2n

大学病院の場合、初任給は公立で25万円、私立で25万円と一般の病院に比べてさほど高くはありませんが、公立の大学病院となると、勤続年数に応じて給料がアップしていきます。

そのため、平均年収は600万円を超え、着実に勤務を続けていれば800万円に達することもあるようです。もともと公立病院の場合、公務員扱いになりますので、民間の病院に比べて給与体系がよいのは当然だともいえます。

いずれにしても、民間は初任給が高めだけど昇給は低め、公立の場合、初任給は低めだけど昇給は高めと覚えておきましょう。

 

製薬企業

実力次第で年収アップの度合いは変わってくる

製薬会社に勤務する場合、最初のうちは一般病院勤務と大差なく、最初のうちは年収300万円台ということも珍しくありません。ただし、他の職種と違って、昇給には期待が持てます。

長く勤め続けていれば1000万円を超えることも普通に見られますが、これは本人の実力次第ですから、普通に勤務を続けていても500万円になかなか届かないという可能性もあり得ます。

また、製薬会社の場合、研究職としての採用者数が少ないため、薬剤師の資格を生かしてMR(営業職)に就くことが多くなります。

給料は他の職場よりもかなり高く、一般の製薬会社でも600~800万円、大手製薬会社となると30代で1,000万円を稼ぐ薬剤師もいるといわれています。

p6_3n

ただMRは営業職なので、薬学の知識だけでなく人と接することが好きでないと辛い仕事となってしまうでしょう。

 

おわりに

……最近の職種ごとの年収の傾向をまとめると以上のようになりますが、これからも同じ傾向のままだとは限りません。これからは大きな変化が起こる可能性もあり得ます。

また、これらの職場だけでなく、薬剤師の資格を持ちながら公務員として、大学などの研究機関や保健所などの行政機関に勤務する転職方法もあります。

ただし、同じ安定という意味で公務員を選ぶのであれば、公立の病院勤務のほうが長く勤めるほど給料を多く手にすることができるでしょう。

いずれにせよ、現在、薬剤師として働いている場合は時間的な制約もあり、仕事をしながらの転職活動は大変なはず。そこで、24時間求人情報を閲覧できるネットでの求人媒体を利用する方法がおススメです。

最近はうれしいことに、ネット上に薬剤師専門の転職サイトがたくさんあります。

経験豊富なキャリアアドバイザーなどが在籍しているところも多く、電話やメールでも質問ができ、転職への不安や疑問にも丁寧に答えてくれます。安心して転職活動を進めるためにも、こうしたサイトを上手に活用してはいかがでしょうか。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング