薬剤師転職サイト比較ランキング
転職サイトって一体どこを選べばいいの?という薬剤師さんのために、
評判が良く人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。
エムスリーキャリア薬剤師のサイトロゴ
マイナビ薬剤師のサイトロゴ
リクナビ薬剤師のサイトロゴ
薬剤師プロ!のサイトロゴ
ヤクステのサイトロゴ
ナース

第1位エムスリーキャリア薬剤師

エムスリーキャリア薬剤師のキャプチャ

薬剤師転職サイトの代表格。高給与・休日多めの案件多数!

ポイント
取扱求人数が30,000件超、業界最大手の求人サイト。かつ、入職後の満足度が90%超と、薬剤師に人気の転職サイト。安心の東証一部上場企業による運営。
解説
薬剤師転職サイト業界の最大手サイト。薬剤師は転職について、電話や匿名チャットで気軽に相談することができ、最短で3日という短期間で、スピーディーに転職を完了させることが可能。また転職活動や面接の成功に不安を抱いても、薬剤師の転職専門のコンサルタントに、面接や待遇の交渉について相談をすることができます。
サイト情報
サイトタイプ
コンサルティング型
求人職種
薬剤師
雇用形態
正社員、契約社員、パート・アルバイト
求人エリア
全国

第2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師のキャプチャ

求人の「質」にこだわる、マイナビ運営の薬剤師転職サイト

ポイント
学生の就職支援で有名なマイナビによる薬剤師の転職サイト。コンサルタントが自身で求人先を訪問、求人情報を吟味し紹介している。
解説
知らない人はいない有名企業ですね。公開求人件数は20,000件程度とかなり多い数字です。特筆すべきは、求人情報への「質」へのこだわりが他の転職支援サイトよりも強いこと。
サイト情報
サイトタイプ
エージェント型
求人職種
調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストア、臨床開発モニター、治験コーディネーター、臨床開発、学術・管理薬剤師、薬事、営業、その他
雇用形態
正社員、契約社員、非常勤・パート、その他
求人エリア
全国

第3位リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師のキャプチャ

人材領域のプロ・リクルートグループが運営する、薬剤師に特化した人材紹介サービス

ポイント
求人数が約35,000件という、業界最大級の薬剤師転職支援サービスを提供しています。「あなただけ」3原則を掲げ、少しの妥協もない希望の転職を実現します。
解説
薬剤師転職のプロによるキャリアカウンセリングにより、「あなたの強み」を多角的に分析し、転職の成功を徹底的にバックアップ。転職サイトや採用ページに載らない情報も提供してくれるので、安心して転職活動をすることができます。
サイト情報
サイトタイプ
コンサルタント型
求人職種
調剤薬局、OTC・ドラッグストア、病院、企業
雇用形態
正社員、アルバイト
求人エリア
全国

第4位薬剤師プロ!

薬剤師プロ!のキャプチャ

専門分野に強いエキスパートが好条件の転職を実現する薬剤師の転職サイト

ポイント
東証一部上場の総合メディカルグループの医療分野に特化した人材紹介・派遣会社。専門分野に強いカウンセラーが出張キャリアカウンセリングでサポートしてくれる。
解説
総合メディカルグループだからこその薬剤師の立場を理解したキャリアカウンセラーが、全国30拠点から転職をサポート。元・医療従事者や元・人事担当者がカウンセリングにあたるため、コーディネート率・顧客満足率は業界トップクラスを誇っています。
サイト情報
サイトタイプ
コンサルタント型
求人職種
病院、クリニック、治験関連、調剤薬局、調剤併設OTC、製薬企業、ドラッグストア、その他企業、その他
雇用形態
正社員、パート、契約社員、派遣、紹介予定派遣
求人エリア
全国

第5位ヤクステ

ヤクステのキャプチャ

ひとりひとりに合ったコンサルティングで、高いマッチング力を実現。早期離職率1%以下

ポイント
薬剤師業界出身のマーケティング担当、業界専門コンサルタントのチーム編成で対応してくれるため、結果として早期退職者1%以下という高い満足度を実現しています。
解説
ヤクステを運営している株式会社グローアップは、ヘッドハンティンググループとして創業した会社です。そのため、他社にはないネットワークを生かして『ヤクステにしかない案件』を 多く保有し、利用者の希望に合う転職をサポートしてくれます。
サイト情報
サイトタイプ
コンサルティング型
求人職種
薬剤師 (調剤薬局、調剤併設型ドラッグストア、ドラッグストア、病院、企業)
雇用形態
正社員、契約社員、派遣社員、パート
求人エリア
全国

薬剤師転職サイト選び方のコツ

Point
1
評価の高い転職サイト を選びましょう

実績のある企業の薬剤師転職サイトは紹介先の薬局などからも評判が高くなり、質の良い求人情報が集まってきます。

ページ内に存在する薬剤師の転職実績紹介ページ、転職サイト利用者の感想欄、または口コミサイトの情報などを見て、その薬剤師転職サイトの質を見定め、自分が登録するサイトを選んでいきましょう。

Point
2
転職サイト には 種類 があります

最近の転職サイトには大きく分けて2種類あります。

ひとつ目は求人情報を自分で選んで応募するタイプの「検索型」サイト。もうひとつは専門の転職コンサルタントがついて面談内容や本人の希望をもとにキャリアプランを作成して、求人先を紹介してくれる「コンサルティング型」があります。

このサイトでは薬剤師の転職活動についての相談や、プロのサポートが受けられる「コンサルティング型」の転職サイトをお薦めしています。

Point
3
複数の会社コンサルタント と話をしましょう

どんなに実績のある紹介会社でも、全ての薬剤師求人情報をフォローできている訳ではありません。また、転職コンサルタントにもヒアリング力や、面談から求職者の適性を見極める力などには個人差があります。

もし余力があれば、いくつかの薬剤師転職サイトの何名かのコンサルタントと会話した方が、多くの情報が得られますし、多方向から自分の希望を見つめ直す機会が得られ、最終的に自分の希望に合った転職先に出会える可能性が高くなります。

転職に妥協は禁物!プロのアドバイスとサポートをかしこく活用して、望みどおりの転職を必ず実現させましょう!