1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 企業薬剤師が知っておくべきメディカルアフェアーズの概念

企業薬剤師が知っておくべきメディカルアフェアーズの概念

メディカルアフェアーズとは

外資系メーカーを中心に求人が増加している職種のひとつに、メディカルアフェアーズがあります。

企業が販売する医薬品に対し、医学的・科学的見地から患者への影響(恩恵とリスクの両面)について正しい情報提供を行う事が出来る部門をこう呼びます。

8231_01

欧米では以前から一つの部門として確立され機能していますが、日本ではしばらく前までは「学術」「学術情報」と訳されてマーケティング部門などの一部として機能するのみでした。それが外資系を中心に広まってきているというのが現在の状況です。

薬剤師の他に医師も求人の対象となる点が他の業種とは異なっている点です。現在製薬会社に勤める医師は1000人に1人くらいの割合でかなり稀な存在ですが、今後はメディカルアフェアーズに従事する医師は増加する傾向にあると見られています。臨床経験や疾患に関する知識は薬剤師よりは医師のが有利な立場にあるのは当然です。

主な業務内容

主な業務内容は以下となります。

  • 自社製品のデータやエビデンスの作成
  • 治験に関する学会への発表や論文の執筆
  • 臨床試験の評価やサポート
  • 販売促進資材のチェックとサポート

市販後の臨床の現場における研究のサポートは特に重要です。医薬品の治験では得られなかった使用法・効果・安全性について、「適正な使用が為されているか」という観点で、医学的あるいは科学的に判断する事が求められています。

メディカルアフェアーズ求人増加の背景

近年求人が増加していると言われる事の背景には、以下の3点があげられます。

接待の自主規制

製薬業界の営業は、年々接待の自主規制が厳しくなっています。その代替手段として製品の開発段階から医師への科学的なアプローチを高め関心を引く事。これを新たな営業戦略にしようとする動きです。それが1つ目の背景です。

画期的な医薬品開発の困難

また、新たな化学反応や化合物はほぼ出つくしており画期的な新薬の開発が困難になってきている事も影響しています。そのために、既発売品に新たな効能効果を発見して製品のライフサイクルを延長させる目的で、臨床研究が盛んに行われています。それが2つ目の背景になります。

アンメットメディカルニーズ領域参入に向けてのニーズ

アンメットメディカルニーズ領域(未だ満たされていない、未だ有効な治療方法がない医療ニーズ)への新規参入が目論まれており、この分野の研究者のニーズが高まっている事です。それが3つ目の背景になります。

医学的・科学的な業務のみならず、ビジネス面においても参画する事ができ工夫次第では非常におもしろくなる職種であり、今後もより重要度が増していく事であろうと思います。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ