1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. ジェネリクスでMRの足は遠のくのか?

ジェネリクスでMRの足は遠のくのか?

MRの訪問回数は減る傾向にはある

薬剤師にとってMR(メディカル・リプレゼンタティブ)は、医薬情報を届けてくれる大切な存在です。

日本には、製薬協会加盟企業だけでも約5万人以上のMRがいると言われていますが、企業として儲けの薄いジェネリクスが普及することで、MRの足は遠のいてしまわないのでしょうか?

8042_01

答えから先に言えば、ほとんどの後発メーカーが先発メーカーのMRよりも訪問回数は少なくなっています

薬局側の購入額により訪問回数は減らない?

その理由のひとつは、後発メーカーの多くは先発メーカーに比べてMRの数も少なく、担当エリアも広いからです。また、同じジェネリクスであっても、薬局側の購入額が多くなれば、MRの訪問回数もそれほど少なくはなっていないようです。

費用対効果を考えれば、会社側としては、どうしてもMRの医療機関への訪問回数を少なくせざるを得ないでしょう。ただ、1年以上も訪問しないMRもいるそうなので、いくらジェネリクスであってもこれは論外です。

それに先発メーカーだからと言って、一概にMRの訪問回数が多いというわけではないのも事実ですし、MRの情報を鵜呑みにしているのも問題はあります。

あくまでも患者さん側に立って考えること

もちろん、仕事に前向き患者さん思いの薬剤師であればあるほど、MRが訪問してくれ的確な情報を伝えてくれるのをありがたく感じているはずです。それに、こちらから情報回収してほしいこともありますので、やはりMRの存在は薬剤師にとって大切となります。

しかし、あくまでも主役は患者さんです。安く手に入る薬があり、患者さんもその薬を必要としていればジェネリクスのメリットは大きくなります。それに、ジェネリクスは飲みやすく改良されているものも多いので、その点でも患者さん思いのお薬ということにもなります。

だとすれば、患者さん第一であるべき私たち薬剤師は、たとえMRの足が遠のいたとしても、その分の情報をインターネットや書籍、勉強会などに参加し、自分で集める努力や工夫をすべきなのかもしれません。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ