1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 定員割れが続く薬系大学・薬学部(6年制)の入学者数

定員割れが続く薬系大学・薬学部(6年制)の入学者数

2008年から4年連続で薬学部入学者数が総定員割れを起こしています。そしてそれは、今や社会的な問題になりつつあります。

5958_01

 

薬学部定員割れの原因

特に地方や私立大学の薬学部の定員割れが顕著で、その原因のひとつが、2000年代後半の私立薬学部の急速な乱立です。

2002年にその数は29校であったのに対し、2010年には57大学に増え約倍増となっています。90年代以降、医薬分業の促進やドラッグストアの増加などで薬学部の需要が一気に高まりました。そのため、需要の高まりを予測して各大学が一斉に新設の申請を行い、それに対し国が安易に認可し続けた事が背景にあります。

また、2006年度から始まった6年制制度も原因のひとつと言われています。現在の日本国民の平均所得は長期的に減少を続けており、子供を6年間大学に通わせる事が経済的に困難になってきています。また他の学部より2年間余分に通う事が、就職活動に不利になると考える面もあるようです。

さらに少子化の影響が顕著に表れ始めているとも言えるでしょう。

2010年度は新設校や地方の学校を中心に22校が定員割れとなりました。そのために定員幅の縮小が行われ2011年度の定員割れは20校と2校減りました。しかし、実質的な入学者数は前年度より減少しています。薬学生の数は年々縮小傾向にあります

薬学部の将来と現状

このまま定員割れが続くと、大学の経営を逼迫する事態となります。それに伴い教育の質的な低下も懸念され、将来的には国家試験の合格率にも影響すると思われます。

これらの対策として、新たに4年制学科を設けたり、他学部の学生を薬学部へ付け替えるなどの措置が取られていますが、本質的な解決には至っていないようです。

以前は女性の人気が高い学部と言われ、私が通っていた大学でも女子学生の数の方が男子よりも多かったです。それは専門性が高いが医師や看護師に比してさほど困難さを感じさせない事や、結婚出産後も復職しやすい事などが原因と言われていました。

現在では在宅・緩和医療チームや専門薬剤師・認定薬剤師など一層専門性の高い仕事が生まれています。

また、調剤薬局でもジェネリック医薬品などで取り扱う品目が大幅に増大しています。それらの変化が心理的なハードルの高さを感じさせ、女子学生を中心に敬遠される傾向にあるのかもしれません。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ