1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. アメリカの薬剤師の地位について

アメリカの薬剤師の地位について

アメリカでは、薬剤師は医者や弁護士を抜いてもっとも信頼できる職業でとても高い地位にあります。
そして「ファーマシー・テクニシャン」「ファーマシー・エイド」などのいわば調剤の助手がいて、薬剤師は服薬指導や相談に専念できるといわれています。

6352_01

アメリカの薬剤師の地位がどうして高いのかと言えば、アメリカは、貧しい人は民間の高騰する保険料を支払うことができずに、保険に加入をしていない、という社会的背景があります。保険に加入していないということは、病院に行けば医療費がかさむので、まず薬局に行って、薬剤師に相談をするということになります。
アメリカの薬剤師は、いわば日本では薬を処方したりという医者がやるような行為もやってしまうということです。これが、薬剤師が尊敬される地位にいる理由の一つといわれています。
それだけに彼らは医者並みに勉強もして努力を積み重ねています。決して一朝一夕に出来るものではありません。

アメリカの薬局は、ほぼ全てが調剤併設型のドラックストアです。薬剤師は、この薬局店舗の責任者として、医者並みに研鑽した知識を生かして患者や顧客の相談にのっています。この立場や勤務形態の違いが日本の薬剤師との平均年収の差となっているといえます。

薬剤師のさらなる地位向上には、「薬の専門家」らしい高度な業務を遂行することが求められます。医師はもちろん、他の職種からも「一目置かれる」存在になることが重要です。
アメリカの薬剤師はすでに社会的な高いステータスも獲得済みですが、日本との決定的でかつ大きな違いは、「医師に積極的に意見を述べること」といわれています。

米国と日本、医師と薬剤師の立ち位置の違いもあるかと思いますが、アメリカの薬剤師は医師からも頼りにされ、医療スタッフからも尊敬されて医療チームの一員になっているようです。アメリカの薬剤師はそういったポジションにあり、積極的な意見を述べる立場にあるのです。

対して日本では、厳しい言い方ですが、医師に積極的に意見を述べることは少なく、語弊があるかもしれませんが
アメリカに比べればおとなしくて、消極的な薬剤師さんが多いということです。一概に積極的に意見を言うばかりがいいとは言えませんが医師や看護師たちとのコミュニケーションを大切にし、積極的に意見交換するという姿勢は日本の薬剤師も見習いたいところです。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ