1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. アメリカなど海外の薬剤師

アメリカなど海外の薬剤師

海外の薬剤師事情

海外の薬剤師についての情報です。例えばアメリカでは薬学部を卒業し、薬剤師の免許を取るとその60%くらいが調剤薬局関係に就職し、病院での就職は20%前後で、残りは製薬会社や役所などのようです。

174_02

アメリカの薬学部では長い間、臨床薬学関係の課目が必須で、病院での実習も1年間みっちり行われます。病院勤務の場合、調剤や服薬指導に加え、医師、看護師など医療従事者とチームを組んで患者の診察・治療に加わります。

仕事の内容も、医師と患者側の間に立ち、各々の患者にあった薬物療法を取り入れ、必要に応じカウンセリングなど、より患者側へと踏み込んだものになっています。

欧米では薬剤師は人々から信頼される職業です

アメリカの薬剤師の場合

アメリカは治療費がとても高いので、アメリカ国民は日ごろから栄養食品などを利用して病気の予防を心がけ、自分で保険に加入していない人はOTC(一般用医薬品)を利用することが多々あります。

ウォールグリーンなどのドラッグストアでは、患者・消費者は薬剤師に自分の症状を相談し、症状にあった薬をアドバイスしてもらうため、薬剤師がとても身近で重要な存在になっています。またそれだけの役目を果たすために、薬剤師は病気についても医師並みに勉強しています

このようなことからも、職業調査では、薬剤師はもっとも信頼される職業No.1になっています。

アメリカの薬剤師のお給料は、カリフォルニア州やニューヨーク州など大都市と中部・南部の田舎では違いますが、平均時給は40-50ドル、平均年収は800-1200ドルくらいのようです。アメリカ社会では高額収入者の仲間です。

ヨーロッパの場合

ヨーロッパでは法規制上、個人薬局が多く、調剤に関してはアメリカと同じく効率的で患者とのコミュニケーション・カウンセリングに時間をかけることができ、地域密着型薬剤師として人々から高い信頼を得ています

欧米の薬剤師の勤務時間は働く場所にもよりますが、夜間や休日も開いている薬局・病院では週50時間から60時間働くケースもあります。

責任が重く、もの凄く大変そうだと思いがちですが、社会的地位が高いこと、やりがいがあること、仕事に満足感を得ていることが、逆に生き甲斐になって誇りを持ちながら各地域で活躍しています。

将来日本の薬剤師に求められること

将来日本の薬剤師に求められること

日本では、少子化・高齢化社会、高齢者所在不明問題、孤独死、過疎化、限界集落、買物難民、などといった社会問題と向き合い、これからの社会における薬剤師の在り方を考えながら仕事に取り組むことが大切だと思います。

米国の臨床薬剤師のように医師と一緒に外来診療や入院患者の回診に立ち会い医師と処方箋を作成したり、訪問診療にも同行し患者への服薬指導、副作用の説明、患者からのフィードバックなどを記録しその後の処方に役立てたり、内科医と同じくらいの知識をもって薬局にくる患者へサービスを提供できるようになることなども期待されるかもしれませんね。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ