1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. アメリカの薬剤師の給料

アメリカの薬剤師の給料

6221_01

アメリカの薬剤師さんの平均年収はズバリ!1,100万円だそうです。

日本では男性で平均年収555.8万円、女性で平均年収:489.9万円ですから、ほぼ倍のお給料をもらっていると言えるでしょう。こんなに日米でお給料が違うのは何故でしょうか?

 

日本とアメリカの薬剤師の違い

日米でのお給料の大きな差の理由は、アメリカの医療保険制度や、薬剤師が持つ権限の違い、社会的地位の高さにあります。

医療保険制度

アメリカには日本のような国民健康保険制度がなく、医療保険には自分で加入しなければなりません。しかし、アメリカの医療保険料は決して安くはないため、国民の約60%は保険に加入していない状況です。

そのため病気やケガをした場合には、自費負担を強いられます。病院で医療を受ける場合、日本では考えられないような高い金額を請求をされることもあり、それにより破産した人も多く、アメリカの破産理由の第2位に上がるほどです。(ちなみに第1位はクレジットによる破産)

そのため、多くの人は病院や医者にかかろうとしません。薬局で薬を手に入れて、それで病気やケガを治そうとする人が日本では考えられないくらいに多くなります。そのような中では必然的に薬剤師の役割が重要となります。

薬剤師の権限、社会的地位

アメリカの薬剤師は薬の専門家であり、さらに薬の処方権を持っています。また、予防接種や健康管理に携わることもあるため、多くの人は薬局で薬剤師に症状を相談し、適切な薬を選んで処方してもらいます。

ホームドクターと同様な役割と任務遂行のために、アメリカの薬剤師は医者並の努力と勉学を積んでいます

これらのことから、アメリカでは「薬剤師」は一番信頼のおける職業にあり、弁護士や医師を凌いで、人気職業ランキングのトップの座に輝いています。

 

日本の医療制度のように誰もが医療を受けることができない環境と、薬剤師の社会的重要性医療人としての信頼性が、アメリカの薬剤師が高収入を得る事が出来る理由となっているようです。

  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

facebook twitter

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ