1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 保険調剤の流れ シリーズ4 ‐処方箋の使用期限が切れたら・・?‐

保険調剤の流れ シリーズ4 ‐処方箋の使用期限が切れたら・・?‐

シリーズで調剤の流れについてお話しています。今回は、処方箋の使用期限についての話です。

患者さんの中には、処方箋に使用期限があることをご存知ないかたもいらっしゃいます。処方箋の使用期限が切れた場合の対応について、おさらいしていきたいと思います。

処方箋の形式と使用期限について

p47829

処方箋の形式は決まっていて、様式第二号に準じたものを使用します。

処方箋の交付年月日の欄のとなりには、使用期間の欄があり「特に記載のある場合を除き、交付の日を含めて4日以内に保険薬局に提出すること」と書かれてあります。

調剤薬局にお勤めの方ならよくご存知だと思いますが、最近では処方箋の中に使用期間の欄がないものがあります。

 

p47829_2

こんな風に、あらかじめ処方箋の使用期限の月日が処方箋に大きく印字されたり工夫されているんですね。

処方箋の使用期限の月日の印字は、患者さんにとってはとても親切でわかりやすいものです。「いついつまでに調剤薬局にこれを提出しないといけない!!」とこれだけ大きく印字されてあると安心ですね。

患者さんが使用期限切れの処方箋を持ってきた場合

一般的には、医療機関で受診をして処方箋をもらったらその日の内に薬を取りにいきます。

が、仕事のお昼休みや帰宅前の受診でその日の内に薬局に行けず次の日に行こうと思っていたら忘れてしまったりする場合はあります。

また、金曜日に受診して来週取りに行こう!と思っていたとします。月曜日が祝祭日だったりすると、その処方箋の使用期限は切れてしまいますね。

では、次のようなケースはどうでしょうか?

患者さん: 「薬をお願いします」
薬剤師: 「●●さん、処方箋の使用期限が切れてますね」
患者さん: 「えっ?、処方箋に期限なんてあるの??体調が悪くて薬局に行く元気もなかったんだ」
薬剤師: 「そうなんですよ。処方箋をもらった日を含めて4日以内が期限なんですよ」
患者さん: 「じゃあ、処方箋をもらった日付か使用期限を変えてよ」

このように、処方箋の使用期限切れのものを患者さんが薬局に持参したとします。

さて、この場合の薬剤師の対応としてA~Cのどれが法律的に合っているでしょうか。

  • A: 「いいですよ」
  • B: 「それは、できないんですよ」
  • C: 「では、医師に連絡を取って使用期限の延長をお願いしてみましょう」

答えは、もちろん「B」

  • A: これは、処方箋の改ざんにあたります。絶対にやってはならないことです。
  • C: 実は、処方箋の使用期限の延長を医師に疑義照会して処方箋期限の期限修正をすることは認められていません。

厚生局の集団指導文書にもありますが、使用期限の切れた処方箋の取り扱いについて正式なルールが述べられています。

処方箋に使用期限の切れた処方箋を医師に疑義照会することによって修正をかけてはいけない=その処方箋は「無効」ということになっています。

「患者さんの医療機関への再受診」が基本的なルールです。

再受診しないといけない理由は、1つは眠剤中毒患者や精神薬剤の売買をする人の食い物にならないようにするためというものあります。

ほかにも理由はありますが、処方箋の再発行も基本的には認められていないです。再発行が医療機関で認められていたら、いくらでも薬をだせることになってしまいますからね。

それでも、再発行が必要な人は基本ルールでは自費での支払いをすることになるでしょう。

しかし、あきらかに悪意のない患者さんの場合、良心的な医療機関では紛失扱いとして再発行してくれるでしょう。

実際の薬局では期限切れの処方箋はどのように扱われているか

厚生局の集団指導では、基本ルールに則った形で指導されます。

が、実際には多くの調剤薬局では処方医に問い合わせをして期限の延長に対しての打診をしているのが現状です。「救済」という側面があるのではないかと思います。

管理薬剤師の方は、あくまでも基本ルールを把握しておく必要があります。

患者さんに対し、「基本的な処方箋の使用期限を説明すること」「本来は再受診の必要があること」を丁寧にお伝えして、同一患者さんが再び使用期限切れの処方箋を持参しないように導く必要があります。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
ファルマスタッフ 詳細はコチラ
4位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ
5位 ヤクジョブ 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
  • 会員特典が盛り沢山!薬剤師 転職サイト【ヤクジョブ】の評判とは?
RANKINGランキング