1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師の給料はどのように出るのか?-意外と知らない調剤報酬-

薬剤師の給料はどのように出るのか?-意外と知らない調剤報酬-

皆さんは、調剤薬局の収支についてじっくり見たことはあるでしょうか。

管理薬剤師をしている薬剤師さんは、毎月毎月の調剤報酬の一覧をじっくり眺める
ことがあると思いますが、調剤薬局の売り上げ等に直接関与していない薬剤師さんに
とっては未知の分野だと思います。

今回は、調剤報酬の内訳についてお話していこうと思います。

調剤報酬の内訳

まず、大きく分けて①技術料、②薬学管理料、③薬剤料とに分けられます。

1. 技術料とは

  • 調剤基本料
  • 調剤料

薬価改定と共に経営者が注目するのが、主に調剤基本料です。

 

 

平成26年度の改定では1日の処方箋枚数が約100枚を超え、主たる医療機関が7割から
9割の調剤薬局にたいしての規制が入りました。

  • 月平均4,000回超かつ集中率70%超の保険薬局
  • 月平均2,500回超かつ集中率90%超の保険薬局

この2つの調剤薬局は、1回の処方箋受付に25点。

それ以外の調剤薬局は、1回の処方箋受付に41点です。

 

月曜日から土曜日まで開局している場合、1ヶ月平均約25日間開けていることになります。

単純計算すると1日100枚から160枚以上の処方箋を門前薬局として運営している調剤薬局の処方箋の単価が下がりました。主に、大規模病院の門前薬局等です。

 

また、後発医薬品調剤体制加算の計算方法が変更されました。

調剤基本料の申告は、改定後に厚生局から各調剤薬局に書類が届き、必要事項を記入して提出することで完了しま す。後発医薬品調剤体制加算については、加算を希望する薬局が過去3ヶ月分の集計を行い必要事項を記入の上、厚生局へ提出し許可を得ます。

 

調剤料は、内服・外用・並びに一包化加算、無菌製剤調整加算、時間外等加算、在宅患者調剤加算などが挙げられます。

2. 薬学管理料とは

薬剤服用歴管理指導料、在宅患者訪問薬剤管理指導料、在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料などがあります。

平成26年度の改定では、お薬手帳による薬剤情報提供を行なう場合と行わない場合とに分けられ、調剤薬局で処方箋を受け付ける際にお薬手帳の有無を確認してから指導料を算定する形になりました。

3.薬剤料

使用薬剤料は調剤料の所定単位につき計算されます。

 

この3つが調剤薬局の売り上げ総額です。
定期的に行われる診療報酬の改定、薬価改定により、調剤薬局の売り上げが変わってきます。

売り上げの割合と計算方法

調剤薬局の売り上げは、①技術料+②薬学管理料+③薬剤料ですが、薬剤の購入を行う必要があります。

一般的には①技術料+②薬学管理料:③薬剤料=3:7が一般的なデータです。

例えば1ヶ月の総額が500万円の場合、薬剤料の7割を引いた150万円が利益となります。この利益から、固定費である人件費、法定福利費、福利厚生費を引き、諸経費に当たる地代家賃、レセコンなどのリース代を引きます。

主に扱う診療科により処方箋単価が全く異なりますが、1枚の処方箋はだいたい400点~2000点です。

例:

1日30枚平均、1枚の処方箋単価が700点の調剤薬局のケース(地代家賃20万とする)

  • 薬剤師1名 給料40万
  • 事務員1名 給料16万
  • 月売り上げ 約500万
  • 月支出 約440万
  • 月収入 約60万

となります。

※これは、薬価差益分を含めた数字と考えてよいでしょう。
月の収支は、処方箋の単価、地代家賃代と人件費によってかなり変わってきます。

一般的に内科は処方箋単価が高いです。特に高いのは、薬剤の処方が豊富な循環器内科、呼吸器内科、心療内科などです。外科系の処方箋は比較的単価が安くなる傾向にあります。

おわりに

調剤薬局に転職をする際に注意する点は、その地域の地代家賃の相場、主な診療科、
自分に提示される給料でおおよその売り上げを計算することができます。

また、門前クリニックとマンツーマンで調剤薬局を運営している場合、クリニックの来院数に依存する傾向が強く、黒字がでるまで一般的に3年から5年はかかるといいます。早いところでは、目標を2年に設定します。

資金的ゆとりのある組織は、黒字転換に時間をかけることができますが、このご時勢です。
2年から3年で黒字目標が妥当といえるでしょう。

これらの情報は、社内秘であることがほとんどです。転職を支援してくれるプロの紹介会社を通 して、エージェントに情報提供をお願いすることも考慮してみましょう。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア)
薬剤師登録数 No.1!
詳細はコチラ
マイナビ薬剤師
キャリア面談が好評
詳細はコチラ
リクナビ薬剤師
企業やドラッグストア求人も多い
詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ
高時給の派遣求人が豊富
詳細はコチラ
5位 薬剤師WORKER 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)は交渉力に定評あり!? その特徴とメリット・デメリット
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリット
  • ファルマスタッフ
  • 薬剤師WORKER
RANKINGランキング