1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. ベトナムに出店 ドラッグストア事業参入へ ココカラファイン

ベトナムに出店 ドラッグストア事業参入へ ココカラファイン

【引用ニュース】 
6月8日、ドラッグストア「セイジョー」や「ドラッグセガミ」などを運営している株式会社ココカラファインは、ベトナム社会主義共和国でドラッグストア事業への参入を目的として、ホーチミン市内で20店の薬局を展開している地元企業の「インドチャイナ・ファーマシューティカルズ・ケミストリー」と提携したことを発表した。
9月には、ホーチミン市内のビル内に共同で1号店を出店する予定である。日本のドラッグストアチェーンのベトナム進出は初となる。
(2012年6月14日 ココヤク)

http://cocoyaku.jp/member/news/?action_news_detail=true&news_id=5309

 
調剤薬局の経営が厳しいと言われるなか、ドラッグストア業界の勢いはすごいですね・・・。

ドラッグストアともなれば、お客様(患者さん)は地元の方が多いのでしょうから、やはり英語ではなくベトナム語での服薬指導となるのでしょうね。

ベトナムは日本ほどではないもの四季があり、夏は平均湿度が80%というのですから、日本よりもさらにジメジメしているそうです。衛生状態はあまりよくなく、2010年にはコレラが発生したり、ウィルス感染症のデング熱で亡くなられた方もいます。

そう言えば、ベトナムでは2月27日が『医療従事者の日』なんですよ。日本では考えられませんよね? 医療従事者ですから、薬剤師も当然入っています。

ベトナムでは、医療従事者を尊び重んじると同時に、「政府はあなた方に同胞の疾病治療と健康維持を委ねます」という責務についても重んじているそうです。

確かに日本でも薬剤師の任務を憲法で定められていますが、果たして国会議員や国民が薬剤師を重んじているかには疑問ですね。

それにしても、ドラッグストアの現状を見れば、語学ができれば薬剤師として活躍できる場は増えつつあるってことで、それはそれで喜ばしいのではと思いました。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング