1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師の募集内容

薬剤師の募集内容

検索するとたくさんの求人広告が出ています

数年後、こうありたいという自分を想像しながら、目標に向かって転職の準備開始。

どのようなことに注意したらよいのかを、逆に募集する側の立場になって考えてみましょう。

パソコンで「薬剤師」、「募集」と検索するとたくさんの求人広告が出ています。最初は応募する側が、勤務地、希望の仕事、雇用形態など、いろいろな条件を絞り込んで行きます。

次に募集要項を詳しくみて、これなら大丈夫かも、と思う仕事に出会ったとします。

募集側が重要視していること

面接時には面接官がいろいろな角度からチェックします

次は募集する側が応募者を選んでいきます。

大きく分けて二つの重要ポイントがあります。一つは、うちの薬局・会社でどんな活躍をしてくれるか、二つめは同僚や患者さま、来訪者の方々と正確なコミュニケーションがとれるかです。
履歴書ではわからなかったところを、面接時には面接官がいろいろな角度からチェックします。

薬剤師として、医薬品の知識や調剤の経験だけではなく、様々な人との色々なシーンでのコミュニケーション力、患者様、お客様への印象度・対応力も同じくらいに、もしかしたらそれ以上に重要視するかもしれません。

募集要項だけ注目しているのではなく、人としての魅力をアピールできるかどうかも大きなポイントになります。面接に行く前に、募集内容に書かれているポイントを再確認し、アピールの仕方を仕事性格に分けてクリアにしておくといいかもしれません。募集している会社も、限りある時間内であなたへの理解度がアップするでしょう。

アピールすべきこと

例えば、募集要項や応募条件などに、「医師や患者の問い合わせに対応する」とあれば、薬剤師としての知識や経験以外に、コミュニケーション能力が高いことを強調して伝えなければなりません。

面接時にアピールするチャレンジ精神が大切

なるべく具体的に、過去の仕事で自分が達成したこと、喜ばれたこと、自信がもてたこと、評価されたことなどを具体的な例を通して話が出来るように準備しておきます。

また、性格面も同僚や上司、患者さまやお客様に感謝されたこと、仕事上プラスになったことなどを実際の経験に基づいて話せるようにするとよいでしょう。

さらに、募集要項になかったことを一つか二つ足すとよいかもしれません。募集している新しい職場で自分なりにやってみたいこと、出来ることを追加することは重要です。また、募集内容にぴったり合わなくても、直ぐにあきらめず、自分には最適の仕事だと思ったら、徹底的に自分についてアピールしてみるチャレンジ精神も大切です。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング