1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. HIV感染症専門薬剤師
クオカート500円分が当たるチャンス

HIV感染症専門薬剤師

HIV感染症専門薬剤師HIV感染症専門薬剤師は、社団法人日本病院薬剤師会(以下、日病薬)が認定する専門薬剤師のひとつで、妊婦・授乳婦専門薬剤師と同じく専門薬剤師の中でも新しい専門資格です。

現在、日本におけるHIV患者数13,000人以上になると言われ、初期治療対策の遅れから、今後も増え続けるだろうことが予測されています。そんな中、注目を集めているのがHIV感染症専門薬剤師の存在です。

HIV感染症専門薬剤師の役割

その仕事はHIV感染症患者への薬物療法に関する高度な知識技術倫理観により、有効かつ安全に行うことを目的としています。

日病薬が定める「HIV感染症専門薬剤師の定義」は以下の通りです。

  1. HIV 感染症の病態を十分理解していること
  2. HIV 感染症に使用される医薬品の薬理作用、体内動態等を十分理解していること
  3. 高度かつ最新の薬物療法に関する知識と多くの臨床経験を持ち、個々の患者の症状や状況に合った薬物療法を医師等医療従事者及び患者の双方に提案できること
  4. 抗HIV 薬の相互作用や副作用を理解し、その解決方法を医師等医療従事者及び患者の双方に提案できること
  5. 臨床試験を含め、最新のHIV 感染症治療に関する薬剤情報、HIV 感染症に関わる疫学や社会問題について、国内外を問わず絶えず情報収集を行い、内容を理解した上で正確な情報評価を行い、医師等医療従事者及び患者への情報提供ができること
  6. HIV 感染症患者との良好なコミュニケーションを通して、患者の求めているものを理解できること
  7. 薬物療法に関する適切な情報の提供により、HIV 感染症患者が身体的、精神的、社会的に健全な生活を送るための支援ができること
  8. HIV 感染症薬物療法に関する研究能力を有すること
  9. HIV 感染症医療、自立支援医療、障害者医療制度等のHIV感染症に関連する医療制度並びに関連法規を十分理解していること

HIV感染症はひと昔前の癌と同じく、治癒が難しい病気のひとつだと言われてきました。しかし、最近では抗HIV薬の開発により、治療可能になってきました。もちろん根治療法ではないため、患者さんは一生薬を飲み続けなければなりません

いずれにせよ、一度HIV感染症だと診断されれば、病院とは一生の付き合いとなりますので、倫理観に基づいた患者さんへのサポートもHIV感染症専門薬剤師の重要な仕事です。

HIV感染は適切な服薬により高い服薬率を継続できます。そうでないと、耐性ウィルスが出現しやすくなり、治療効果が低下するだけでなく、感染の拡大にもつながるため、HIV感染症専門薬剤師の果たす役割は大 きいのです。

また、次々に新規治療薬が開発されますので、常に新しい情報の入手が必要です。特に抗HIV薬の場合、認可までの期間が短いため、発売後に副作用が見つかるケースも少なくありませんので、こうした情報をいち早く入手し、関係者に提供しなければなりません。

さらに、HIV感染症専門薬剤師は病院内だけが活躍の場ではなく、小中学校などでHIV感染症の正しい知識を伝えるための学校薬剤師への指導や、HIV感染症がSTD(性感染症)のひとつであることなどの知識と予防の重要 性を、地域の青少年に指導することも重要な仕事です。

HIV感染症専門薬剤師になるには

では、どのようにすればHIV感染症専門薬剤師になれるのか気になるところだと思いますが、申請資格は以下の通りとなります。(詳細は「日本病院薬剤師会」のホームページをご参照ください)

  • 認定薬剤師であり、日本エイズ学会の会員であること
  • 学会発表2回、学術論文1編以上あること
  • 所属長(病院長あるいは施設長等)の推薦書があること
  • 日本病院薬剤師会が行う認定試験に合格していること

高度な知識や経験など、一般の薬剤師に比べてHIV感染症専門薬剤師に求められるハードルは高いものの、小中学校や地域の青少年への指導など活躍の場は多く、それだけに遣り甲斐も多く使命感を持って仕事ができるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

また、お給料面では薬剤師の相場が年収500万円前後であるのに対し、HIV感染症専門薬剤師などの専門薬剤師は、製薬会社で700~800万円、責任者クラスなら1,000万円前後だと言われています。ただし、医療機関などでは一般の薬剤師や管理薬剤師と変わらないという声もありますので、お給料面ではあまり期待できないかもしれません。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング