1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 公認スポーツファーマシスト制度

公認スポーツファーマシスト制度

公認スポーツファーマシスト制度公認スポーツファーマシスト認定制度は、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)日本薬剤師会が協同で創設し、2009年から実施している新しい制度です。

ここ10数年、スポーツ界において世界中でドーピングへの対応が問題になっているのは、みなさんもご存知だと思います。意図してドーピングを行う選手もいますが、ドーピング禁止物質であることを知らずに違反と判断され、記録を抹消されたり資格停止になったりするケースもあります。

こうした“うっかりドーピング”を防ぐためには、薬の専門家である薬剤師のサポートが必要だということから創設されたのが公認スポーツファーマシスト制度です。

薬の専門知識を持たないスポーツ選手は、体調を整えるために栄養ドリンク剤サプリメントを常飲していることもありますし、大会前に風邪を引き市販の風邪薬を飲むこともあります。こうしたケースが“うっかりドーピング”につながってしまうことがあるわけです。

また、スポーツ界だけでなく、一般的に健康志向が高まる中、ジョギングをしたりジムに通ったり、サプリメント健康食品を愛用する人も増えています。こうした人たちへも運動と薬の観点からアドバイスすることも、公認スポーツファーマシストとしての大切な役割のひとつです。

仕事としての職場はまだまだ少ないものの、JADAでもスポーツクラブフィットネスクラブなどに公認スポーツファーマシストの配置を働きかけていますので、今後は薬剤師が働く職場として増えていくことが予想されます。

公認スポーツファーマシストの活動としては以下の通りです。

*国民体育大会に向けての都道府県選手団への情報提供、啓発活動

*トップレベル競技者および指導者への情報提供、啓発活動

*学校教育の現場における薬物に関する情報提供、啓発活動

*ドーピング防止教育啓発活動における講演会での講師

認定を受けるには薬剤師の資格がある人が対象となり、基礎講習会務講習会の2種類の講習会を受講し、知識到達度確認試験を受けて所定の成績を修める必要があります。

2009年度は796人、2010年度は2,079人が公認スパーツファーマシストとして認定されました。また、この資格を維持するには毎年各都道府県が実施する実務講習会を受講し、知識到達度確認試験を受ける必要があります。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング