1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 薬剤師が年収を上げるためには?
クオカート500円分が当たるチャンス

薬剤師が年収を上げるためには?

薬剤師の年収については、よいという意見もあれば、悪いという意見もあります。

他の業界で働いている人からすると、うらやましく思えることも多いようですが、薬剤師の世界では、不満を感じている人も多いようです。せっかく働く以上は、やはり年収は多いほうがいいに決まっています。

13_01

薬剤師の就職先はある程度決まっていますが、それでもどんな地域の、どんな職種に就職するかで、差がついてしまう可能性があります。

初任給からいきなり数万円もの差が生じた、等の声もときどき聞こえてきますね(なお、「地方に行くと年収は上がらなくなる」等の意見が聞こえてきますが、それは一概にいえることではありません。特に調剤薬局の場合は、地方で年収が大きくアップするケースもあるため、うかつな判断は禁物です)。

もっとも、いったん就職した以上はすぐに退職するわけにもいきません。転職を検討するにしてもすぐには実行できませんし、転職するとなったら間違いのない転職にしなければいけませんから念入りな準備が必要となるでしょう。

年収をアップに必要なこと

どんな環境で勤務をしているかに関係なく共通していえることは、まず薬剤師としてのスキルを高めることです。

特に、企業に勤務している場合は能力がその後の昇進や年収に大きく反映されてきます(企業の場合、企業がまず収益を上げないことには、社員に還元されませんから企業に貢献する努力をするのは当然でしょう)し、どこかに転職をするにしても、まず自分に高いスキルがあることを証明できるようにしておかなくてはなりません。勤務先での評価を高める努力は常に続けるべきでしょう。

また、薬剤師の世界とは、常に新しい薬が普及する世界でもあって、次々に発表される新しい薬を貪欲に覚え、広範な知識を身につけなくてはなりませんから、勉強を終わりなく続けることも(当たり前のように)求められるでしょう。

また、コミュニケーションスキルヒューマンスキルも大切です。これはどんな職業にも共通していえますが、他人との交渉に長けていることは何かと有利に働くはずです。

なお、転職を特に考えずに同じ職場で働き続ける場合、役職に就くか就かないかでやはり違いが出てくるようです。また、MRのような営業職の場合、手当が別に決められていることもあります。

役職や手当といった、年収アップの機会がない職種を選んだ場合、いつの間にか年収が打ち止めになってしまうというケースも考えられますから、これから薬剤師を目指す場合は、それぞれの働き方の年収の上がり方をチェックするとよいでしょう。

クオカート500円分が当たるチャンス

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング