1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. セルフメディケーションを支援する薬剤師

セルフメディケーションを支援する薬剤師

医療保険が整備されている日本では、自己負担が少ないため諸外国に比して国民一人あたりの受診回数が多いと言われています。現在医療費の総額は30兆円を超えており、今後も増大する事が懸念されています

そのために、WHOを中心にセルフメディケーションが提唱されています。

222_01

その基本概念は、自分の身体の健康状態を常にチェックし、軽度な身体の不調は自分で手当する事です。また、生活習慣病の予防や体調不良の改善のための自己管理もこれに含まれます。

セルフメディケーションにおける薬剤師の役割

医薬品という面からみれば、それはOTC医薬品の使用とほぼ同義になります。OTC医薬品を使用する事が生活習慣病などの予防や発症の遅延につながります。そして、発症率を低下させる事によって医療費を抑制する効果があると言われています。薬剤師はこのOTC医薬品の専門家として期待されています

この際、2つの要素があると言われています。ひとつが「自分の身体を知り、大切にするセルフケア」。もうひとつが「セルフケアの限界を見極めること」。

OTC医薬品を求めて相談に訪れる顧客は、自分のケガや病気について医師の治療を受けていない場合がほとんどです。そのため多くの場合、薬剤師が最初に相談を受ける専門家となります。従って、販売する前にこの患者にはOTC医薬品の使用が適切か否かを見極める必要があります。

使用が不適切と判断された場合は、速やかに医療機関へ受診する事を勧めなければなりません。その場合、医療機関の受診が必要な理由、OTC医薬品がダメである理由などを、わかりやすく丁寧に説明する必要があります。

また使用すると判断した場合でも、医薬品の選択とともに情報提供や事後のモニタリングが求められます。

ある病気に対し、その原因・症状・影響・治療・予想される予後に対して持つイメージを「解釈モデル」と呼びます。薬剤師のセルフメディケーションにおいては、この解釈モデルが患者との間でできるだけ一致する事がのぞましいと言われています。

セルフメディケーションが一般的になる時代には、医師よりも薬剤師の方が患者と接する機会が多くなるかもしれませんね。

あわせて読みたいこのカテゴリーの記事
  • マイナビ薬剤師の評判「面談に力を入れている」「親身なアドバイス」は本当か?のサイトロゴ
    働き方が変わる キャリア面談が好評
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい人で、業種未経験、新卒で経験が浅いなどの理由から転職に不安がある人にオススメ。 書類の添削や面接、条件交渉など、転職活動に関する様々なサポートが受けられる。
  • 【発見】ファルマスタッフの評判は「高時給 派遣 薬剤師求人に強い」以外もあった!のサイトロゴ
    高時給の派遣求人が豊富
    派遣で働きたい薬剤師にオススメ。 それ以外でも、ブランクがあっても、グループ会社 日本調剤の教育ノウハウを生かしたスキルアップ・キャリアアップ支援サービスがあるので安心。今なら、日本調剤監修のオリジナル冊子「保険調剤テキスト」が無料でもらえる。
  • リクナビ薬剤師は大手企業求人や優良求人が多い!? その特徴とメリット・デメリットのサイトロゴ
    企業やドラッグストア求人も多い
    正社員もしくはパート・アルバイトなど、腰を落ち着けて働きたい薬剤師で、調剤薬局や病院以外の職場も視野にいれて働きたい人にオススメ。 大手や将来性、安定性のある会社の求人が多く、スピード感がある。

薬剤師の転職サイトについて、さらに詳しく比較したいかたは「薬剤師が選ぶ人気転職サイトBEST5」もご覧ください。

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

ファーマシストライフは"薬局アワード"を応援しています

みんなで選ぶ薬局アワード

主催:一般社団法人 薬局支援協会

TOPへ