1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4.   >  
  5. 「育薬」における薬剤師の役割

「育薬」における薬剤師の役割

育薬という言葉があります。
医師、薬剤師、製薬会社、研究機関、患者らがそれぞれの立場で、医薬薬をよりよいものに育てていく取り組みが育薬です。

5053_01

では、薬剤師は育薬にどのように関わっているでしょうか?

育薬を実現するために、製造販売後調査というものが製薬会社に義務づけられています。
これは市販された後にその薬がどのように使われどのように効果や副作用があったか、という実際の医療現場での実態を調査します。そして、その情報を蓄積して製薬会社にフィードバックする事で、その医薬品をより有効性が高く安全なものに育てていきます。これが育薬です。
この中で薬剤師は、患者への服薬指導を通じてより安全に効果の高い治療を施す事や、適正な使用のための情報提供や誤飲防止などの安全管理を行う事で、育薬の一端を担っています。

近年では、在宅医療チームの一員となる事により、臨床現場での服薬の実態をより正確にかつ容易に把握する事が可能となっており、より詳細な情報をフィードバックする事ができます。

では、実際にどんな育薬の例があるでしょうか。有名な例としてニトログリセリンがあります。
狭心症の舌下錠(舌の内側から吸収させて使用して発作を抑える)として広く用いられているニトログリセリンですが、薬の効果が長く持続しないという欠点がありました。こうした実例を製薬会社にフィードバックする事により湿布のように皮膚に貼りつけるニトログリセリン(ニトロダームTTS)が開発されたそうです。皮膚からの吸収は舌よりもゆっくりであるため、効果を持続させる事が可能となりました。

ところで、「薬育」という言葉も存在します。
ややこしいですが、小中学生のうちから薬に関する知識を深めていくという取り組みが「薬育」で「食育」の薬版と言ったところでしょうか。しかし、反対に「育食」という言葉は存在していないのです。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング