薬剤師転職サイト18社を徹底比較!

マイナビ薬剤師を利用した方の
転職体験談

ドラッグストアで薬剤師として働いていました。出産を機に退職して5年経ち、子供の手が離れてきたので、そろそろ薬剤師として働きたいと思うようになりました。
再びドラッグストアに戻ることも考えましたが、退職して仕事を離れている間に、登録販売者制度が導入されたり、OTCのネット販売が解禁になったりとドラッグストアの環境はどんどん変化していました。お客さんから健康の悩みなどを直接聞いて解決に導くことにはとてもやりがいがありましたが、これから10年20年先まで薬剤師として仕事を続けられるためにはどうすればいいかを考えたときにドラッグストアとは違う業界で働くのも1つの手かもしれないと転職を考えました。
そしてドラッグストアとは違う職種を第一に探すことにしました。
ドラッグストア→調剤薬局、在宅医療
ゆうりん 39歳 女性

感想

転職活動をするにあたり、ブランクがあったのでどこから手をつけていいのか分かりませんでした。
たまたまネットに出てきた薬剤師の募集広告を目にして、転職サイトというものがあることを知りました。
転職サイト自体沢山ありどれがよいのかなどもさっぱり分からなかったので、何社か登録してみました。

ドラッグストアとは違う職種であること、また子供がいながら働けるところを考えてある程度時間に融通がきくことを条件にしました。さらに、厳しいとは思いつつ自分自身ブランクがあり、医療用医薬品に関してはほとんど無知のまま薬剤師として仕事をしてきたのでその辺りのことも考慮してもらいたいということも条件として書き込みました。

登録後すぐに、「マイナビ薬剤師」の方から連絡をいただきました。
他の転職サイトの方からも連絡は頂けたのですが、その条件では厳しいとか、ドラッグストアへ戻ってはどうかというようなことも言われたりして難しいかもしれない…と落ち込んだりすることもありました。

しかし、「マイナビ薬剤師」の担当の方は親身な対応で、最近の薬剤師事情を教えてくれた上で「厳しいかもしれないですが、こちらの条件を考慮してくれる薬局を探してみます」と答えてくれました。
その後、「マイナビ」の担当者からいくつか薬局の候補をあげてもらいました。

その中であなたに合っているかもしれないとおすすめとして在宅医療を中心に行っている薬局を紹介していただきました。
在宅医療ときいてもピンと来なかったのですが、外出が困難な方や高齢の方など直接訪問し患者さんにお薬を届けたりする業務があることを知りました。医療用医薬品の知識は絶対的に不足しているけれどドラッグストアでの接客の経験を少しは活かすことができるかもしれないと考え面接を受けてみることにしました。

こちらが提示した条件などもあらかじめ「マイナビ」の担当者が先方に掛け合ってくれているので、面接のとき改めてこちらから何かを交渉する必要もなく安心感がありました。担当者が面接当日も同席して頂けるので過度に緊張することなく心強かったです。
仕事が決まるまで、細かい質問にも丁寧に対応して頂きました。

面接をしたのはその1社でしたが、現在、その面接をした薬局で在宅医療の勉強しながら働いています。職場の環境はとても働きやすくて、紹介してもらいとても満足しています。
公式サイトに行く