1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 医療事故で問われる記録の重要性

医療事故で問われる記録の重要性

医療訴訟に発展した際にも記録は重要

薬剤師としてあってはならない医療事故ですが、人間ですのでミスを絶対に犯さないとは言い切れません。

しかし、近年、医療事故から訴訟へと発展するケースも増えています。

もちろん、医療事故を未然に防ぐ対策が重要ですが、同時に訴訟になった場合に重要なのが『正確な記録』です。正確な服薬指導記録こそが医療事故を未然に防ぐ上でも非常に重要となります。

たとえば、医師が「4mg」と記載すべきところを「4g」と記載し、薬剤師が過剰投与を招いた事故もあります。

医療訴訟へと発展した事故は、薬剤師の場合、医師ほど多くはありませんし、薬剤師による医療事故の多くはヒヤリハットで過失責任が明らかなため、訴訟には至らないケースがほとんどです。

処方医の入力ミス+薬剤師の記録ミス

2002年に起こった抗がん剤の誤投与事故では、薬剤師の薬剤管理指導の記録にも問題がありました。

この事故は非小細胞肺がんで入院していた当時60歳代の女性に、「タキソール」ではなく誤って「タキソテール」を投与し死亡させてしまったものです。

このケースは、投薬指示の段階で医師がコンピューター上で間違って「タキソテール」を選択してしまったという医師のミスではあります。

しかし、薬剤師の記録を確認したところ、「タキソテール」が誤投与されているにも関わらず、本来投与されるはずだった「タキソール」を投与していた旨が記載されていたのですから、薬剤師としての責任も問われて当然です。

この医療事故の詳細については、下記サイトを参考にしてみてください。

●医療安全推進者ネットワーク『遺族の訴えで究明された医療事故に潜む組織の問題点』
http://www.medsafe.net/contents/recent/65izumisano.html

病院薬剤師への正確な引継ぎにも重要な『記録』

薬剤師として当たり前のことですが、

  • 処方箋に疑いがある際は、速やかに処方医に疑義照会する
  • 調剤する際は、必ず処方剤とラベルを照合確認する

そして、疑義照会したこと、その内容もキチンと記録すること。また服薬指導の際、薬剤師として患者さんの微妙な変化ややり取りを記録することも大切です。

たとえば、通院のみの患者さんの場合、薬剤師がアレルギー歴や副作用の記録などをはじめ、キチンと記録・管理することで、その患者さんが万一入院となった際にも、速やかに、そして正確に病院薬剤師に引継ぎができますし、医療事故を未然に防ぐことにもつながるはずです。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング