1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 「薬剤師の薬歴」と「医師のカルテ」はどう違う

「薬剤師の薬歴」と「医師のカルテ」はどう違う

【引用ニュース】 
私たちが普段行っている薬歴業務。これには、「薬剤服用歴管理指導料(薬歴管理料)」という調剤報酬上の点数が設けられています。このコラムでも以前、「薬歴業務は誰のため?」と題して、薬歴業務の本質について議論しました。
その薬歴業務について、時々耳にする疑問があります。それは、「医師がカルテを書くことに対してはフィーがないのに、薬剤師が薬歴を書くことに対しては、なぜ点数が付くのか?」ということです。今回は私なりに、この答えを考えてみたいと思います。
(2012年7月4日 nikkei BPnet)

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20120704/314848/

これは薬剤師のブログとして人気の高い「薬局のオモテとウラ」の熊谷さんが連載している日経BPの最新記事です。

確かに、医師が書くカルテには点数がつかず、薬剤師が書く薬歴に点数がつくのは不思議ですね。

薬歴は調剤や服薬指導に対しての記録なのだから、医師のカルテと同等であるべき。

「薬歴を見れば、その患者さんの薬物治療の歴史がすべてわかる」
と言われていますが、医師のカルテに匹敵するほど薬歴は的確な治療を行う上で必要ですし、その管理は重要です。

熊谷さんも、『将来的には、現在の「薬歴管理料」という別枠のフィーを設けるのではなく、「調剤基本料」に内包してしまうのがよいのでしょう。薬局に処方箋を出せば、当たり前のように薬歴に基づく医療サービスを受け取ることができる―』と書かれています。

ちなみに、医師に関しては通常、完治するまで担当医は変わりませんが、薬剤師の場合、複数の薬剤師がいるような調剤薬局では、常に同じ薬剤師が調剤・服薬指導をするとは限らないですよね。

そういう意味では、患者さんから「○○さんの服薬指導じゃなきゃイヤだ!」と言われるような薬剤師を目指さねば・・・とこの記事を読んで改めて思ったりもしました。

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング