1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 「在宅は薬局業務」の意識を

「在宅は薬局業務」の意識を

【引用ニュース】 
厚生労働科学研究班が「薬剤師需給動向の予測に関する研究」報告書をまとめた。今後の需要拡大には在宅医療への取り組み、かかりつけ薬局機能の進展が鍵になると分析している。また、病院については、「病棟薬剤業務実施加算」の新設などを受け、薬剤師の採用割合が多少増えると見込んでいる。
 人口が減少している中で、他の医療職を含め、大幅に薬剤師需要が増加するとは考えにくいが、高齢化の進展や在宅医療の推進が、薬剤師にとっても、守備範囲拡大のチャンスだ。
(2012年6月8日 薬事日報)

http://www.yakuji.co.jp/entry26648.html

この記事を読んで、ワクワクした反面、「私にもできるだろうか?」という不安を抱きました。
単純に薬剤師としてみるのなら、在宅訪問の服役指導はとてもやりがいのある仕事だと思います。

ただ、病院薬剤師と異なり、薬局の薬剤師は、患者さんの病気と直に接することが少ないですよね。薬局の窓口での服役指導は、そのほとんどが悪い言い方をすれば、差し障りのない業務であることも少なくありません。

でも、訪問指導ともなると、訪問のたびに患者さんの病状が変わっていたり、副作用や発現の痛みも気になりますし、これらをチェックするのも薬剤師として大切な仕事となります。

私も訪問指導は未知の分野ですが、慣れるまでにそれなりの時間がかかるように思えます。また薬に対する知識だけでなく、病気に対する知識も今まで以上に必要でしょう。

終末期のガン患者さんになると、その時期に起こる症状や使用する薬剤のことも勉強しなければなりません。

でも、末期がんの患者さんへの訪問指導はとてもやりがいがあると言いますから、飛び込んでみたい気はします。みなさんはどう考えますか?

「薬剤師の転職相談所」の購読は
Twitter、Facebook、LINEが便利です

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」薬剤師専用のハウツーサイトです。
facebookまたはtwitter、LINEで最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

薬剤師転職サイトランキング ベスト5

転職や復職をお考えのあなたに、薬剤師の転職相談所の管理人おすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリ(エムスリーキャリア) 詳細はコチラ
マイナビ薬剤師 詳細はコチラ
薬剤師転職ドットコム 詳細はコチラ
4位 ファルマスタッフ 詳細はコチラ
5位 リクナビ薬剤師 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「薬剤師の転職サイトランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

管理人について

現役薬剤師・エリコ

都内の調剤薬局に勤務中。

当サイトは、日々奮闘している薬剤師さんに代わって、すぐに役立つ薬剤師の情報やキャリアアップにつがなる情報、転職情報などを収集し、発信するサイトです。

facebook twitter

※ 現在、記事作成を手伝っていただける在宅ライターを募集しております。詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師の転職サイト比較ランキング

「転職サイトって一体どこを選べばいいの・・・?」という薬剤師さんのために、評判が良くて人気が高い、代表的な転職・求人サイトを比較してランク付けしました。

  • 薬キャリ(エムスリーキャリア)
  • マイナビ薬剤師
  • 薬剤師転職ドットコム
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師
RANKINGランキング